由来はアイドルの歌詞 憲法学者の小林節教授、新党「国民怒りの声」を結党

      2016/05/24

スポンサーリンク

国民怒りの声憲法学者の小林節氏は今日9日に新党を発足させたことを明らかにしました。党名は「国民怒りの声」。

小林氏は同日の記者会見で、安倍政権の安保法案成立について「公然と憲法を破った。立憲主義の危機だ。戦争の危険を現実のものにした」などと激しく批判しました。

そのうえで安倍政権の暴走を止めるとして、参院選にむけて与党や民進・共産などの野党ではない「第三の旗」として無党派層の受け皿となる考えを明らかにしました。

小林氏が述べた基本政策は以下のとおり

1、消費税率増税の延期
2、原発の廃止
3、辺野古新基地建設の中止と米軍との再交渉
4、TPPの不承認と再交渉
5、戦争法の廃止
6、憲法改悪の阻止
7、言論の自由の回復(メディアへの不介入)

スポンサーリンク

 

党名はアイドルグループの歌詞から

また同日の記者会見で、小林氏は党名の由来について、アイドルグループの「制服向上委員会」の歌詞から発想を得たことを明らかにしました。

「制服向上委員会」は脱原発や反自民党を訴える歌詞で知られています。

スポンサーリンク

Comments

comments

 - 政治ニュース