新党名は「民進党」世論調査の結果から決定

      2016/05/26

スポンサーリンク

 

民進党ロゴ

民主、維新両党は14日に、新党名を「民進党」とすることを決めました。

民進党の党名は、維新の党の江田前代表が新党名の検討チームで提案しました。民主党側からは「立憲民主党」が提案されましたが、両党が実施した世論調査の結果(*)、どちらも民進党の支持率が立憲民主党を上回ったため、民進党とすることが決まりました。

民主、維新両党が合流する新党名については「党名より政策の議論をすべきではないか」などの批判もあり、今回の決定を踏まえ、両党は夏の参院選に向けて新たなイメージを打ち出したい考えと見られます。

*民主党の調査では民進党の支持率が24.0%、立憲民主党の支持率が18.7%。維新の党の世論調査では、民進党が25.9%、立憲民主党は20.9%。有効回答には「分からない」などの回答も含まれます。

スポンサーリンク

Twitter利用者の反応

スポンサーリンク

 - 政治ニュース