【情勢分析・民進党代表選】蓮舫氏が優位。もはや無投票の可能性も?

      2016/08/16

スポンサーリンク
イラスト 風刺画 「マラソン 蓮舫と前原」

序盤は蓮舫氏が危うげなくリード。前原氏など他の候補者の足はもつれぎみ…

民進党の保守派・前原誠司元外相は9日、岡田克也代表の任期満了に伴う党代表選(9月15日投開票)出馬に意欲を示し、

旧社会党系グループを率いる赤松広隆前衆院副議長に支援を要請した。出馬は党内情勢を見極めた上で最終判断する方針。

党内保守系の筆頭格である前原氏は、リベラル系の赤松氏と組み、「党一丸となって取り組む姿勢」をアピールする狙いがあるとみられる。

スポンサーリンク

蓮舫氏強し。異論なしの「大本命」

東京選挙区で参院選出馬が濃厚だった蓮舫氏

FNN(フジサンケイ系)やJNN(TBS系)が「民進党新代表に最もふさわしい議員」として行った世論調査で、

いずれの調査においても蓮舫氏が32%台でトップに躍り出た。

先の参院選東京都選挙区で110万票を獲得し、2位当選以下に30万票以上もの差をつけてトップ当選を果たした。

党勢の衰えが懸念されている民進党で、数少ない気を吐く存在だ。

また、小池百合子氏の東京都知事就任や、イギリスのメイ首相就任など、世界的に女性リーダーが誕生していることも追い風になっている。

不出馬を表明した現代表の岡田氏も、代表選では蓮舫氏を支援するとみられ、蓮舫氏優勢の情勢はさらに強まりそうだ。

もはや無投票も?「推薦人集まらない」「執行部から恫喝もある」

蓮舫氏優位な情勢について、毎日新聞や、朝日新聞系のAERAなど、

複数のメディアから代表選の無投票といった事態が生じうるも指摘されている。

(1)「推薦人が集まらない…」候補者は推薦人集めに苦戦

(出典:http://blog.goo.ne.jp/)

(出典:http://blog.goo.ne.jp/)

前原氏を含め、保守系の長島氏や、リベラル寄りの長妻氏など、現在に至るまで複数の立候補予定者の名前が挙げられている民進党代表選だが、

立候補に前向きな予定者も出馬の要件となる推薦人20名の獲得に苦労しているようすだ。

前原氏は、自らに近い玉木雄一郎氏や同じ保守系の細野氏らと調整し、非主流派候補の一本化を探ってきたが、細野氏が蓮舫氏支援に回ったことで分裂。

リベラル系の赤松氏と組み、「党一丸となって取り組む姿勢」をアピールする体制への転換を模索している。

(2)「弾圧する」恫喝に近い圧力で立候補の芽を摘む動きがある?

AERAの指摘によると、現執行部は、蓮舫氏を担ぐ人々が多いとみられおり、

若手擁立の動きを見せた議員に対して、ある幹部は「そんなことをしたら弾圧する」と、恫喝ともとれる発言があったという。

(代表選に早々立候補表明 蓮舫で民進党は復活できるか|AERA)

毎日新聞によると、岡田現代表の側近は「野党の代表選は『コップの中の嵐』で世間の関心はない。無投票でいい」と対抗馬擁立の動きをけん制しているという。

(「蓮舫代表」無投票の動き 非執行部系は反発|毎日新聞)

非執行部や中間派は、現執行部が影響力を維持する狙いがあると警戒する。大畠氏が率いる素交会は、蓮舫氏が立候補を表明して3日後の8日には、不支持を表明している。

しかしながら、有力候補とみられた細野氏が非執行部系とたもとを分かち、非執行部や中間派の対抗馬擁立はさらに難航しそうだ。

関連記事

★ランキングに参加しています
より多くの皆さんにご覧いただき、より厳しくコンテンツを磨いていくために、ぜひクリックをお願いします。
選挙・選挙制度関連サイト

【情勢分析・民進党代表選】細野氏、不出馬を明言し蓮舫氏支持を示唆。党内保守派の再編活発に。

[amazonjs asin="4904336917" locale="JP" title="なるほど! 選挙に出てわかった 野党が勝てない理由"]
スポンサーリンク

 - 政治ニュース, 選挙区・情勢予想 , , , , , , ,