今井絵理子氏が「障がい者は不幸しか作れない」相模原市事件に反論

   

スポンサーリンク
相模原市襲撃事件についてコメントした今井絵理子氏(写真中央・本人Facebookより)。

相模原市襲撃事件についてコメントした今井絵理子氏(写真中央・本人Facebookより)。

自民党の今井絵理子氏(32)が、相模原市の知的障害者施設で起きた殺傷事件を受け、自身のブログでコメントをした。

今井氏の長男は現在11歳で、聴覚障害を持つ。今井氏は今回の事件について哀悼の意を示し、

植松聖容疑者が今年2月に衆議院・大島議長に宛てた手紙に「障害者は不幸を作ることしかできません」などと書いていたことに言及し、

「障がいを持っていても幸せを作ることだってできます。」として反論した。

関連記事

相模原市障がい者施設襲撃事件 衆議院議長への犯行予告送付が判明(全文掲載)

スポンサーリンク

相模原市障がい者施設襲撃事件にみる「ヘイトクライム」

今回の相模原市での襲撃事件は典型的な「ヘイトクライム」と言える。

「ヘイトクライム(hate crime)」とは、人種、民族、宗教、性的指向などに係る特定の属性を有する個人や集団に対する偏見や憎悪が元で引き起こされる暴行等の犯罪行為を指す。

「障害者は不幸を作ることしかできません」と動機をつづった今回の事件は、私怨ではなく社会的憎悪により起きているところが大きい、典型的なヘイトクライムとみられている。

少数者や弱者を狙う「ヘイトクライム」は海外でも多発・過激化

近年、移民の増加などを理由として、世界中でヘイトクライムとみられる事件が多発している。

EUの離脱の国民投票が決まったイギリス、そしてとりわけアメリカで凶悪な犯罪が報じられている。
・フロリダ銃乱射事件(2016年6月)まだ記憶に新しいフロリダ州オーランドの事件。ゲイのコミュニティとなっていたナイトクラブで男が銃を乱射した後、店内に立てこもった。

容疑者の父親によると、マイアミに彼が妻と子供と行ったときに、2人の男がキスしているのを見たことに激怒しており、同性愛者全体への嫌悪が強かったと見られている。

この事件は容疑者を含む50人が死亡し、53人が負傷する、アメリカの犯罪史上最悪となった。

・米黒人教会銃乱射事件(2015年6月)

米サウスカロライナ州チャールストン市のエマニュエル・アフリカン・メソジスト監督(AME)教会で、

白人の21歳の男が発砲し、聖書の勉強会に集まっていたアフリカ系アメリカ人9名を殺害した。

エマニュエル・アフリカン・メソジスト監督(AME)教会は、南部最古の最古のアフリカン・メソジスト監督教会で、

公民権運動の黒人指導者だったマーティン・ルーサー・キング牧師が演説が行ったこともある由緒ある教会だ。

目撃者の話によると、教会に入ってきた男は「お前らは俺たちの女をレイプして俺たちの国を乗っ取ろうとしている。失せろ」と叫んで発砲したとされる。

(米教会銃乱射事件、21歳男を逮捕 「黒人を撃つ」と口走る|CNN.co.jp)

[amazonjs asin="4396316941" locale="JP" title="ココロノウタ 息子と歩んだ4年間、そしてこれから (祥伝社黄金文庫)"]
スポンサーリンク

 - 政治ニュース ,