[参院選-宮城選挙区-情勢速報]山本一太氏駆けつける。告示前最後の日曜に

      2016/07/08

スポンサーリンク

来週22日の告示を控え、最後の日曜日となった参院選-宮城選挙区は自民総力戦の姿勢を鮮明とさせた。

宮城選挙区では14日も、安倍首相自らが選挙区入りし、復興を推し進める沿岸部「石巻市」での街宣に引き続き、同日夕方より仙台市中心部で力強い支援の呼びかけを行った。

宮城選挙区熊谷大候補の手を力強く握り、支援を訴える安倍首相(6/14©政治プレス)

宮城選挙区熊谷大候補の手を力強く握り、支援を訴える安倍首相(6/14©政治プレス)

安倍首相 夏の参院選にむけ宮城で演説「アベノミクスを押し進める」

告示前最後に日曜日-広報戦略幹部山本一太氏も駆けつけ、総力戦の様相に

19日(日)は、仙台市中心部で党の「総裁ネット戦略アドバイザー」など、広報発信の中枢を担う山本一太参議院議員も宮城入りし、ともに参院選での勝利を誓い、支援者への呼びかけに声を枯らした。

地元選出の伊藤信太郎議員、愛知治郎議員とともに街頭に立つ山本氏(自民党宮城県連広報より)

地元選出の伊藤信太郎議員、愛知治郎議員とともに街頭に立つ山本氏(自民党宮城県連広報より)

下馬評では競い合う民進党桜井充氏との差は「極めて拮抗(地元政治関係者)」とも言われ、刻々と情勢の流動化が必至な状況だ。

一方、桜井充氏側は着々と、自民既存の「組織票」の切り崩しが進んでいる。先に桜井氏の推薦を決めた宮城県医師連盟に続き、大票田となる歯科医師政治連盟も桜井氏推薦に組織をあげて支援の姿勢を決定した。

地元市町村の首長たちも揺れている。

地元市町村首長の動向に詳しい関係者は「一期の熊谷氏に対し、野党と言えどもベテランで首長と霞ヶ関のパイプ作りに腐心した桜井氏の、地元首長たちからの信頼は厚い」と明かす。

「市町村」の活性を巡る首長たちの「思惑」から、じわりじわりと郡部組織票もまとまりつつある。

対する自民としては、中堅〜ベテラン議員の、首長周辺への地道な「よびかけ」が急務の一つになっている。

参院選告示は来週22日(水曜)。自民若手有望の熊谷大氏(41)と、ベテランの年季で挑む民進の桜井充氏(60)の2氏と諸派の戦いになるとみられる。

参議院議員選挙2016_バナー

 - 参議院議員選挙2016, 宮城選挙区, 政治ニュース , , , , , , ,