中国での反日活動に見る「本当の愛国者」「エセ愛国者」

      2017/05/05

スポンサーリンク

林

こんにちは!政治プレス新聞社 学生記者 東北大学大学院経済学研究科の林冰清 (リン ビンチン)です。

緊張高まる朝鮮半島情勢。韓国に配置された対北朝鮮防衛ミサイル「THAAD」に、私の母国中国でも緊張が高まっています。

このミサイル配備で、中国国内での反米・反日感情が高まるのではないかと、私は非常に心配しています。

今回は中国であった反日運動も取り上げながら、「本当の愛国者」「エセ愛国者」とはどんなことか考えていきたいと思います。

「本当の愛国者」「エセ愛国者」

中国 日本車

こんな人は、本当に「愛国者」なの? (出典:twitter[@hapi_yaku])

「個人ではなく、事実に関心を持つ(对事不对人)」という中国の有名な言葉があります。

私はまず彼らに、自分がやっていることと、自分たちのやることで被害者になるのはどんな人なのかを知ってほしいと思います。

政治的な主義がどうあれ、平和で安全に生活を送れることが普通の人が最も気にしていることであるのは変わりありません。

私は何の罪もない人が政治的な紛争に巻き込まれるのを見たくありません。

私は自分が「エセ愛国者」であり、「本当の愛国者」であると思う人たちの考えを表明したいと思います。

「エセ愛国者」。私はこういった人々には共通の特徴があると思います。

1.ただ周りに合わせる

仲間はずれ

こういった人たちの行動は「周りの人もやっているから」というただそれだけに依存し、現在の状況や問題の解決手段について自分で分析することはありません。

こういった人たちの反応は、自分自身でコントロールしようとするものではなく、ただ他人を模倣する傾向があります。

ある心理学の研究では、複数の人が1つの質問に対して肯定的に答えた場合、残りの人も「適合しよう」として肯定的に答える可能性が高くなるそうです。

人々は、たったひとりで、他の人とは違う意見を持つ人になりたくはありません。

しかし、私はこういった考えが勧められるべきではないと思います。少なくとも西洋教育では、批判的精神が奨励されています。

もしあなたが誰かを説得するのに十分な証拠があるのなら、あなたは自分自身に自信を持っていなければなりません。

2.母国のために何か「良い」ことをしていると思っている

何年も前ですが、エセ愛国者たちが日本製の車を壊していたことを私は鮮明に覚えています。

その車を持っている人は、新しい車を壊されて悲しそうに泣き叫んでいました。幸いにも、こういった行為を働いた犯人は警察に捕らえられ、厳しく罰せられました。

そういった人たちに「あなたは自分のやっていることが法律に反していることを知っていますか?」と尋ねても、「そんなことはない」と言いました。

明らかに、こういった人たちは常識や適切な教育が不足しているため、こういった悲劇が起きてしまうのです。

人々は社会に自分が負っている責任を自覚し、法律がどのようになっているかを認識しなければなりません。

3.本当に国を助けたいとは思ってない

実際に彼らはこういった国際化の流れを止めたいだけで、本当に国を助けたいとは思っていません。

他の人につらくあたる人は、本当は自分の人生に満足できていない人たちなんです。

彼らは人の注目を集めて、このどうしようもない流れとプレッシャーから解放されたいと思っているだけなんです。

私はこれが本当に共感の欠如であり、他の人々の気持ちに無関心な行為だと言いたいです。

それでは、本当の愛国者ってどんな人?

この地球という村の一員として、国際的な視野を持っている人です。

今日は世界経済が密接につながっている時代であり、国家間のつながりは政治問題だけでなく経済問題にも影響されます。

経済活動は、どんな人にも、どんな家族にも関係があることです。

中国の古い諺を引用すると、「和すれば則ち共に栄え、争えば共に傷つく(合则两利 斗则俱伤)」のです。

林冰清 (リン ビンチン)
1991年生まれ。中国杭州市出身。アメリカ・マイアミ大学卒業、現在東北大学経済学研究科在学中(修士1年生)。専門は経済史と対比研究。政治プレス新聞社・学生記者。

 - 政治ニュース , , ,