【次期衆院選】民進党、共産への推薦なし 連合への配慮にじむ

   

スポンサーリンク
新潟県知事選での野党共闘の様子(出典:共産党・志位委員長Twitter)

新潟県知事選での野党共闘の様子(出典:共産党・志位委員長Twitter)

民進党は次期衆院選において、小選挙区での日本共産党との相互推薦を実施しない方針を固めた。

9日にBSフジの番組に出演した野田佳彦幹事長は自由党・社民党について「推薦を出し合うかもしれない」と相互推薦の可能性を示唆したが、共産党との相互推薦は「困難だ」としていた。

連合・神津会長「理屈上あり得ない」「両党は目指す国家像が全く違う」

連合 神津

連合の神津会長(出典:連合HP)

連合の神津会長は、昨年12月の産経新聞のインタビューで野党共闘について「理屈上あり得ない」「両党は目指す国家像が全く違う」と否定的な立場を強調している。

共産党は『本気の共闘』実現に粘る

NHKの「日曜討論」に8日出演した共産党の志位和夫委員長は、

「野党と市民が『大義の旗』を掲げて『本気の共闘』をやれば自民党に打ち勝てるという『勝利の方程式』が明らかになった」と強調し本格的な相互推薦・相互支援の必要性を訴えている。

同番組によると、4野党では政策の実務者会議を進められており、今後の調整が注目される。

スポンサーリンク

Comments

comments

 - 政治ニュース , , ,