【兵庫・養父市議選】議員もグレーの買収疑惑…今月10日公判

   

スポンサーリンク
読者が警察に届け出た商品券。(モザイクは政治プレス新聞社)

読者が警察に届け出た商品券。(モザイクは政治プレス新聞社)

兵庫県養父市で10月に執行された養父市議選で、選挙期間の前に立候補予定者への投票を依頼して商品券などを渡したとして、

公選法違反(買収・事前運動)の疑いで、同市八鹿町八木に住む内田正人氏とその妻が逮捕された。公判は今月10日に神戸地裁豊岡支部で開廷される。

政治プレス新聞社に12月29日、匿名の情報提供がもたらされた。議員も疑惑の渦中にある事件の詳細を深掘りする。

事件の概要

  • 昨年10月23日に投開票があった養父市議選で、選挙期間前に立候補予定者への投票を依頼して商品券などを渡したとして、同市八鹿町八木に住む内田正人容疑者(72)と、妻の千代子容疑者(68)が11月10日、兵庫県警2課に逮捕された。
  • 関西テレビや産経新聞などの各社報道によると、2人の逮捕容疑は告示前の10月1~15日に立候補予定者に投票する見返りとして約4万円相当の商品券と約2千円相当のコーヒーギフトを手渡し、投票を依頼したとされている。
  • 公判は今月10日に神戸地裁豊岡支部で執り行われる。公職選挙法による連座制が適用されるかが注目。

「菓子折り問題」で辞職勧告 議員自身も疑惑根深く

藤原哲郎議員 養父市

養父市 藤原哲郎議員(出典:同市HP)

この内田氏と妻が支援していたのは、無所属現職で出馬した藤原哲郎市議(66)だ。

藤原市議は10月投開票の選挙で当選を果たしたが、議員本人も非常に「グレー」な疑惑によって議会から辞職勧告を受けている。

藤原市議は、選挙期間の前の昨年1月から4月上旬にかけて自身を当選させる目的で複数の有権者に菓子折りを贈っていたとして

この疑惑を4月に地元紙・神戸新聞が報じるや否や、議会ではこの「菓子折り問題」が紛糾。6月には市議会で全会一致で藤原市議への辞職勧告決議案が可決された。

市議会で提出された藤原市議の辞職勧告決議案。全会一致で可決された。(クリックで全文)

市議会で提出された藤原市議の辞職勧告決議案。全会一致で可決された。(クリックで全文)

藤原市議は市議会政治倫理審査会の質問に対して

「田舎の風習として勤めだしたころから、親戚、近所、友人等から土産等を頂き、お返しとして千円(今の価格になおしたら)程度の旅行先の土産等を今日まで、

親戚、近所、友人等にお返ししており、そのことが問題であるとは思っておりませんでした。」と回答し、故意で行っていた行為であることを否定。

また6月に出された辞職勧告決議案についても、辞職を否定した。

藤原哲郎市議の議会報告だより(読者提供)

逮捕された内田氏について

内田氏の活動の拠点だった同市八鹿町八木。(Googleストリートビューより、モザイク加工は政治プレス新聞社。)

内田氏の活動の拠点だった同市八鹿町八木。(Googleストリートビューより、モザイク加工は政治プレス新聞社。)

逮捕された内田氏は、藤原哲郎市議の支援者。内田氏は藤原市議の後援会長の親友で、2012年の選挙でも藤原市議を支援した。

内田氏は地元・養父市で国政や地方政治のパイプ役を担っているとされている。

内田氏の妻の千代子氏も同じ容疑で逮捕されていたが、神戸地検豊岡支部は千代子氏については不起訴処分としている。理由は明らかになっていない。

議員もグレー。連座制は適用される?

藤原哲郎市議の支援者・内田氏が配布した商品券。(政治プレス新聞社読者提供)

藤原哲郎市議の支援者・内田氏が配布した商品券。(政治プレス新聞社読者提供)

公職選挙法は候補者、立候補予定者と一定の関係にある者(総括主宰者・出納責任者など)が買収など悪質な選挙違反で有罪になった場合、

候補者の当選が無効とされ、以後5年間、立候補した選挙区からの立候補が禁止する連座制を定めている。(公職選挙法251条の2~3)

10日に神戸地裁豊岡支部で行われる初公判では、(1)内田氏の有罪が認められるか(2)藤原市議と内田氏の間に公選法上で定められている一定の関係が認められるかの2点が焦点となる。

議員本人にも深まる疑惑。10日の公判の行方が注視される。

スポンサーリンク

Comments

comments

 - 政治ニュース ,