プーチン大統領が「共同経済活動」を提案…北方領土問題

   

スポンサーリンク

安倍晋三首相は19日午後(日本時間20日午前)、ペルーの首都リマでロシアのプーチン大統領と会談した。

会談ではプーチン大統領が北方領土での「共同経済活動」に言及、ロシアの領有権を前提とする提案に応じておらず、

領土問題よりも経済協力を優先するロシア側の姿勢が鮮明になった。

日本は現状で北方領土に日本企業が進出すればロシアに対して主権を認めることになるため、受け入れられないとの立場を示している。

プーチン氏の12月の訪日に向け、ロシアは日本企業の北方領土への進出をさらに強く働きかける見通しだ。

Comments

comments

 - 政治ニュース , ,