安倍首相の4年間の外国訪問経費 87億円 40回の訪問で

   

スポンサーリンク
安倍首相

安倍首相

政府は31日の閣議で、安倍首相が4年前に赴任して以降の外国訪問経費が、あわせて87億7400万円だったことを明らかにしました。

これは民進党の民進党の井坂信彦衆議院議員の質問主意書を受けて回答したもので、答弁書では4年前に就任して以降41回の訪問を行い、うち決算や清算を終えた40回の訪問にかかった金額が87億7400万円であったとしています。

さらに同答弁書によると、第2次安倍内閣発足以降、安倍首相以外の閣僚で最も外国訪問の回数が多かったのは以下の通り。

スポンサーリンク
閣僚名 外国訪問回数 外国訪問経費
岸田外務大臣 44回 13億8700万円
麻生副総理兼財務大臣 31回 7億7500万円
茂木元経済産業大臣 22回 5億5600万円
甘利前経済再生担当大臣 22回 3億8000万円

答弁書では「同行者を必要な人員に絞ったり、宿舎などの経費を最小限に抑えるなどの節約に努めている」「経費は適切だった」としています。

スポンサーリンク

 - 政治ニュース