【情勢分析・民進党代表選】前原氏vs蓮舫氏の一騎打ちへ

   

スポンサーリンク
(出典:前原氏公式Facebook)

(出典:前原氏公式Facebook)

来月2日告示の民進党代表選に向けて、29日に前原元外務相が選挙対策本部の事務所開きを行い、

「民進党に対する国民の期待が高まる選挙にしなくてはいけない」と意気込みを語った。

選挙戦は蓮舫氏と前原氏の一騎打ちの公算が高まっており、党内の調整も終盤に差し掛かっている。情勢を追った。

スポンサーリンク

長島氏は出馬断念で前原氏支持へ

長島 昭久

長島 昭久氏。(出典:長島氏FB)

早い段階から代表選に関心を示し、立候補に意欲的だった長島氏だが、

推薦人が求められる人数まで集まらず立候補を断念することになった。

今後はかねてから協力を求められていた、立場の近い前原氏を支持する見通しだ。

前原氏は自身のグループ(約20名)と大畠氏のグループ(約15名)のほか、長島氏のグループ(6名)の支持を獲得する見通し。

また、玉木氏も立候補を取り止めるとみられており、玉木氏支持の若手票の行方も取りざたされる。

維新は本日30日に幹部会合 あす31日に正式発表の見通し

ishin

中間派で党内最大派閥の旧維新の党グループは、

本日30日に江田・松野の両共同代表ら幹部が会合を開き、方針を定める見通し。

グループ内の正式な方針は31日の全体会合で明らかにする。

しかし、産経新聞によると、旧維新の党グループ内では

『蓮舫、前原両氏に推薦人を出し、どちらが新代表になっても影響力を保てるようにすべきだ』という意見が多勢を占めている。(8/29産経新聞)

そのため、維新の支持によって、蓮舫氏が前原氏を突き放す、あるいは前原氏が蓮舫氏に追い上げるという展開は厳しそうだ。

あす以降の情勢の推移が注視される。

関連記事

★ランキングに参加しています
より多くの皆さんにご覧いただき、より厳しくコンテンツを磨いていくために、ぜひクリックをお願いします。
選挙・選挙制度関連サイト

【情勢分析・民進党代表選】蓮舫氏が優位。もはや無投票の可能性も?

【情勢分析・民進党代表選】カギを握る中間派。旧維新は江田氏擁立も視野に?

[amazonjs asin="4041104890" locale="JP" title="内心、「日本は戦争をしたらいい」と思っているあなたへ (角川oneテーマ21)"]
スポンサーリンク

 - 政治ニュース, 選挙区・情勢予想 , , , , ,