【情勢分析・民進党代表選】前原氏が立候補表明。「見切り発車」不安だらけの船出。

   

スポンサーリンク
前原 誠司 民進党 代表選 2016

(出典:民進党京都府連HP)

民進党の前原誠司元外相は25日、国会内での自身のグループ会合で「九月の党代表選に立候補したい。同志の皆さんの力を貸してほしい」と立候補を表明した。

前原氏は本日26日に記者会見して正式表明し、改憲や国政選挙での野党連携の在り方について考えを説明する。

蓮舫氏が先んじて出馬表明をしていた代表選だったが、知名度の高い前原氏が正式に加わり、この2名を軸にしての選挙戦展開が予想される。今回は前原氏の動向を中心に情勢を俯瞰する。

スポンサーリンク

大畠Gは前原氏への協力前向きか

民進党 大畠章宏氏公式ウェブサイトより

大畠グループは前原氏支持に前向きだ。(出典:大畠氏HP)

前原氏は25日までに、自身のグループのほか、大畠章宏元経産相グループ「素交会」の一部議員から支援を取り付け、立候補に必要な20人の推薦人確保にメドをつけた。

素交会は8日の段階で蓮舫氏の不支持を表明。また「無投票は絶対にあり得ない」として、保守派・中間派と協力しながら対立候補の擁立を模索していた。

(素交会、蓮舫氏の不支持を表明|産経新聞)

赤松Gの取り込みは失敗

赤松広隆 氏(出典:(一社)日本プロジェクト産業協議会)

赤松広隆 氏(出典:(一社)日本プロジェクト産業協議会)

一方、お盆前から盛んにアプローチしていた赤松グループの支持取り付けは失敗に終わったようだ。

政治思想は保守寄りの前原氏だが、党内きってのリベラル派である赤松グループとの連携によって「党一丸となって取り組む姿勢」をアピールしようと試みたが、

23日、赤松グループは結果として近い立場の蓮舫氏への支持を示した。

(民進党代表選 赤松グループが蓮舫氏支持を表明|fnn-news.com)

旧維新は態度を明らかにせず 長島氏・玉木氏も出馬検討

長島 昭久

長島 昭久氏。(出典:長島氏FB)

玉木雄一郎 民進党 代表選 2016

玉木雄一郎氏(出典:玉城氏FB)

リベラル派の支持獲得が失敗に終わったことから、これから前原氏にとって重要になるのは党の中間派からの支持獲得だ。

とくに最大派閥の旧維新の党の支持が代表選躍進の大きなカギになる。

毎日新聞によると、24日時点では旧維新の党は態度を明らかにしておらず、一部が前原氏支援で動く一方で蓮舫氏を推す声もあり、一本化できるかは不透明だとしている。

代表選 蓮舫氏と前原氏 大物対決に|毎日新聞)

このほか長島昭久玉木雄一郎国対副委員長が出馬を検討。立候補の場合は前原氏の保守・中間票が割れるおそれが出てくる。

様々な面での不安要素から「見切り発車」感が否めない前原氏の立候補だが、これからの情勢が注視される。

関連記事

★ランキングに参加しています
より多くの皆さんにご覧いただき、より厳しくコンテンツを磨いていくために、ぜひクリックをお願いします。
選挙・選挙制度関連サイト

【情勢分析・民進党代表選】蓮舫氏が優位。もはや無投票の可能性も?

【情勢分析・民進党代表選】カギを握る中間派。旧維新は江田氏擁立も視野に?

スポンサーリンク

Comments

comments

 - 政治ニュース, 選挙区・情勢予想 , , , , ,