尖閣諸島

      2016/10/12

スポンサーリンク

最近、中国千隻が進入する回数が増えてきて自衛隊の緊急発進も増えてきている。

緊迫した状態が続いている尖閣諸島。その事の起こりと現状を解説する。

尖閣諸島とは

280px-senkaku_diaoyu_tiaoyu_islands

 引用:wikipedia

 

尖閣諸島の位置は沖縄よりも南西に位置する。石垣島、台湾も近い。

【尖閣諸島】

尖閣諸島(せんかくしょとう)は、東シナ海の南西部にある島嶼群。石垣島北方約130 – 150kmの、北緯25度43分 - 56分、東経123度27分 - 124度34分の海域に点在する[7]尖閣列島(せんかくれっとう)ともいう。日本実効支配しており、中華人民共和国および中華民国がそれぞれ領有権を主張している。 「尖閣諸島」および「尖閣列島」は日本における呼称であり、中国では釣魚群島あるいは釣魚島及びその付属島嶼[8]台湾では釣魚台列嶼と呼ばれている。

島そのものより、海に埋まっている資源資産の価値があるとされていて、石油・天然ガスが約22兆円埋まっている。レアメタルなどの金属も海底に埋まっている。

                   引用:wikipedia

 

魚釣島、北小島、南小島、久場島、大正島、沖の北岩、沖の南岩、飛瀬の八つの島で構成されている。戦前は日本人が住んでいたが1940年頃以降は無人島である。

%e9%ad%9a%e9%87%a3%e5%b3%b6%e3%80%81%e5%8c%97%e5%b0%8f%e5%b3%b6%e3%80%81%e5%8d%97%e5%b0%8f%e5%b3%b6

 引用:wikipedia

↑魚釣島、北小島、南小島

2012年に石原都知事が都で買い上げると表明して、その後沈静化を計った国が20億5000万円で買い上げることになり国有化した。

スポンサーリンク

事の起こりを調べる 

”<中国が考える1971年以前の尖閣はどこの国?>

  • 1920年の中華民国からの正式な感謝状
    日本人が、海難事故にあった中国人を助け看病したことに対する、中華民国政府からの正式な感謝状が、資料として残っています。この感謝状には、「日本帝国沖縄県八重山郡尖閣列島」と書かれています。”沖縄県”と記載されていますし、”尖閣”というのは日本語名です。
  • 中国の紅衛兵向けの地図
    アメリカのCIAの調査で指摘されているのですが、中国が自国の紅衛兵向けに作成した地図(1966年刊行)には、中国の国境の外に、尖閣諸島は位置していました。

*1つ目の感謝状は、日本が発行したものではなく

中国政府が発行したものです。”

出展:日本と愉快な仲間たち 

1966年の時点で中国は、自国の領土だったという認識は無かった。

”「尖閣列島周辺の海底に油田があるという話が持ち上がって以来、次々と妙なことが起こった。返還前のことですが、米国の石油メジャー会社が、時の佐藤首相に、外相がらみで自分たちによる試掘を持ちかけてきた。佐藤首相は自国日本のことだからといってそれを退けた。すると彼らは同じ話を台湾と北京に持ち込み、「あの島々は本来なら中国の領土の筈だ」とそそのかした。」”

出展:wikipedia、尖閣諸島問題

中国が、第3者の情報によって日本近海に目を向け始めた。

image01-1

引用:海上保安庁HP

 

2012年の国有化を宣言して以降、その反発で中国千隻が領海に接近する回数が異常に増えています。安倍総理の靖国神社参拝の時が1番多くて、その後ほぼ横ばい状態で今年の8月にまた増えている。

%e7%b7%8a%e6%80%a5%e7%99%ba%e9%80%b2

 引用:政府・各省庁の広報を見つめる

海だけでなく空からの領空内への接近も増えてきている。

それに伴う自衛隊の緊急発進は、昨年(2015年)の4月~5月に比べて80回多くなっている。

この時期の緊急発進は昨年114回、今年は200回と1.7倍以上になる。

今年の6月9日には、中国海軍が接続水域に5時間20分間無法進入があった。

その前には、ロシア艦3隻も8日の午後9時50分に接続水域に侵入しています。その関係性ははっきりせず、不審な動きは続いています。緊迫した監視体制が続いているのが現状だ。

 

~日本の政党は?~

自民、維新、みんなの党は、尖閣諸島について実効支配派で、そのほかは穏やかな主張や解決の立場を取っている。

※アメリカ政府は、尖閣諸島は日本の政治下にあるとしているが特定の立場は取らない。

スポンサーリンク

 - 猫でもわかる、政治、時事用語解説 , ,