【2016沖縄県議選・情勢予想】定数11に対し18人が立候補 激戦必至の那覇・南部離島区 野党系候補(14)那覇市・南部離島選挙区(定数:11)

      2016/05/28

スポンサーリンク

沖縄県議選 那覇・南部離島市選挙区

6月5日投開票(5月27日告示)まで1カ月に迫った2016年の沖縄県議選。現在、13選挙区(定数:48)に70人が立候補を表明しています。前回2012年の選挙に立候補した63人を上回る数字です。

現在の知事・翁長雄志知事にとって初めて迎える県議選。今回の県議選は(1)県知事の県政の審判、また(2)夏の沖縄選挙区の参院選の前哨戦とも位置付けられ、県内の各選挙区で政治活動が本格化しています。

政治プレス新聞社では沖縄県議選の各選挙区の候補者の情勢予想をお届けします。第13回目は那覇・南部離島選挙区(定数:11)を紹介します。

那覇・南部離島選挙区

【選挙区再編の経緯】

「那覇・南部離島選挙区」は、2015年6月の沖縄県議会において再編が決まった新しい区割りで、今回の選挙から適用となります。前回選挙まで適用されていた「島尻郡区」を南部離島7町村(座間味、渡嘉敷、久米島、粟国、渡名喜、北大東、南大東)と与那原、南風原、八重瀬の3町に分け、南部離島を「那覇市区」に編入し、3町と「南城市区」を合区したものです。
定数は「那覇市・南部離島区」が旧「那覇市区」と同じ11人、「島尻・南城市区」が旧「島尻郡区」の3人と旧「南城市区」の1人を足した4人となりました。

選挙区の再編に当たっては、南部離島7町村は交通アクセスや生活圏の面から那覇市との関係が深く、7町村から那覇市区との合区の要望があったことと、選挙に地域の多様な意見を反映させるために南城市区の1人区解消が求められていたことが考慮されました。

① 那覇市

沖縄本島南部に位置する那覇市は、沖縄県の政治・経済・文化の中心かつ県内では人口最大の都市(約32万人)であり、また国際空港である那覇空港や、県外や周辺離島とを結ぶ那覇港を擁することから沖縄県の玄関口としての役割も担っています。
市の中心部を通る「国際通り」、世界遺産群に登録されている「首里城」などには、県内外から多くの観光客が集まります。

2016沖縄県議選 那覇市・南部離島選挙区

那覇市にある「首里城」
(出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%96%E9%87%8C%E5%9F%8E)

② 南部離島7町村(座間味、渡嘉敷、久米島、粟国、渡名喜、北大東、南大東)

南部離島7町村は、沖縄本島から距離の長短はあるものの、フェリーや航空機など交通インフラ網が整備され、沖縄本島からのアクセスも容易となっています。それぞれの島に特色があり、いずれも豊かな自然を活かした観光地として人気が高まっています。

2016沖縄県議選 那覇市・南部離島選挙区

渡嘉敷島の砂浜、透明度の高い海が広がる。
(出典:http://www.tabirai.net/sightseeing/tatsujin/0000361.aspx)

那覇市・南部離島選挙区。その課題とは?

那覇市では、都市化に伴って周辺自治体のベッドタウン化が進み、那覇市を中心市とする那覇都市圏の人口は約80万人で、周辺自治体を含めた人口増加も著しく、国内でも有数の人口集中地区となっています。沖縄県内でも、地方の人口減少が問題となっている中で、那覇市周辺への一極集中は今後も更に進むと見られています。

また、離島7町村では、長年にわたって離島振興策が講じられてきたものの、進学・就職などで若年層が本島・本土に移住することによる人口減少、高齢化の問題、医療機関の不足など、未だ様々な問題を抱えています。

スポンサーリンク

那覇市・南部離島選挙区-予想される野党系候補者一覧

(1)翁長まさとし候補(自民・現職)

2016沖縄県議選 那覇南部離島区選挙区 翁長まさとし候補

(出典: http://www.pref.okinawa.jp/site/gikai/)

会派:自民党
履歴:現職
年齢:66

1949年那石垣市生まれ。浦添高校を卒業後、駒沢大学法学部卒業。拓南製鐵、沖縄都市モノレール、那覇市収入役を経て、那覇市議会議員を2期務めました。その後沖縄県議会議員を4期。
経済成長による所得・生活の向上と、子育てや福祉・教育支援の強化を訴えます。

(2)ナカムラ家治候補(自民・新人)

2016沖縄県議選 那覇南部離島区選挙区 仲村家治候補

(出典:https://okinawajimin.com/)

会派:自民党
履歴:新人
年齢:54

1961年那覇市生まれ。県立小禄高校を卒業後、東海大学工学部卒業。父の仲村正治議員の秘書を15年間務め、2005年に那覇市議選に立候補。

2008年からは、当時那覇市長を務めていた現・翁長知事によって、副市長に政治家として初めて抜擢。現在は不動産会社の役員を務めます。

(3)ニシメ啓史郎候補(自民・新人)

2016沖縄県議選 那覇南部離島区選挙区 ニシメ啓史郎候補

(出典:https://okinawajimin.com/)

会派:自民党
履歴:新人
年齢:58

1958年那覇市真和志地区生まれ。松川小学校、寄宮中学校、沖縄県立那覇高校、青山学院大学経営学部卒業。父は沖縄県知事を務めた故・西銘順治、兄は衆議院議員の西銘 恒三郎氏の政治一家。

全日本空輸(ANA)で20年間勤務しました。真和志地区の代表として、観光立件としての基盤整備を訴えます。

(4)山川のりじ候補(自民・新人)

2016沖縄県議選 那覇南部離島区選挙区 山川のりじ候補

(出典:http://noriji1223.ti-da.net/e6898955.html)

会派:自民党
履歴:新人
年齢:61

1954年伊是名村生まれ。神原中学校、那覇中学校、那覇高校、青山学院大学卒。沖縄国際大学大学院(修士課程)修了。

1979年にNHKアナウンサーとして入局。コンチネンタル航空入社。1997年7月、那覇市議選初当選後、市議を5期務めます。

各候補者の論評

名実ともに確かな新人多し。革新派の土地で、逆風の中いかに議席を伸ばせるかが注目。

今回の県議選に現職1・新人3で臨む野党・自民党。

今回の那覇・南部離島区にあたり投入した自民党が投入した3人の新人。自民党の同選挙区への力の入れようがわかります。

山川候補は、NHKアナウンサーとしても市民に知られ、那覇市議としても任期を5期務めたベテラン。

ナカムラ候補もまた、代議士の父の正治氏の秘書を15年間務め、そののちに那覇市議、副市長を務めた同じく実力派。

ニシメ候補はこれまで20年にわたり民間企業に勤務し、政界入りは初となりますが、父は元県知事の故・順治氏、兄は代議士の恒三郎氏と、保守層に訴求する要素をふんだんに持っています。

元々革新派がリーダーシップをとってきた那覇市で、さらにうるま市の遺体遺棄事件後で米軍基地問題への風当たりが増す中、野党である自民党がいかに議席を伸ばせるかが注目されます。

【2016沖縄県議選・情勢予想】各選挙区の情勢予想リンク

沖縄県議会議員選挙 那覇・南部離島区 開票速報 2016 当選落選結果

【2016沖縄県議選・情勢予想】定数11に対し18人が立候補 激戦必至の那覇・南部離島区 与党系候補(13)那覇市・南部離島選挙区(定数:11)

【2016沖縄県議選・情勢予想】定数11に対し18人が立候補 激戦必至の那覇・南部離島区 中立系候補(13)那覇市・南部離島選挙区(定数:11)

沖縄県議選 那覇・南部離島区 告示日を迎えた候補者たち

沖縄県議選 那覇・南部離島区 開票結果(2008年、2012年)

【2016沖縄県議選】沖縄県議会議員選挙 開票速報 2016 当選落選結果一覧

【2016沖縄県議選】開票結果(2008年、2012年)一覧

【2016沖縄県議選・情勢予想】各選挙区の情勢予想一覧

【2016沖縄県議選】告示日を迎えた候補者たち一覧

※政治プレス新聞社では、毎週開票速報をお届け。2016沖縄県議選の当選落選結果もいち早くお届けいたします。

スポンサーリンク

Comments

comments

 - 九州・沖縄地方選挙, 沖縄県内選挙, 沖縄県議選_2016, 注目選挙, 選挙区・情勢予想 , , ,