【参院選2016-沖縄-結果速報】「革新エース」新人の伊波洋一氏が当確

   

スポンサーリンク

参院選 2016 沖縄県選挙区 当選落選結果・速報

 

氏名 年齢 党派 職業 新/現/元 得票数 当落
1 金城 竜郎 52 幸福実現党 開票待ち
2 島尻 安伊子 51 自由民主党 開票待ち
3 伊波 洋一 64 無所属 開票待ち  当確
告示日・投票日・ 定数
スポンサーリンク

参院選 2016 沖縄県選挙区 それぞれのドラマ

 

「革新エース」新人の伊波氏が当確 現職大臣を下す

定数1の沖縄選挙区。

無所属新人の伊波洋一氏が当確。

伊波氏は、「反辺野古」をメインスローガンとし、米軍関係者の女性殺害事件(5月、うるま市)による反基地感情の高まりを追い風に、序盤からのリードを守り抜いた。

選挙終盤でも、大票田の那覇市や地元・宜野湾市などで支持を固め、優位な状況を保った伊波氏。島尻氏に付け入る隙を与えなかった。

選挙期間中は、辺野古への基地移設に反対する「オール沖縄」の顔・翁長雄志知事も伊波陣営を熱烈に支援。

伊波氏の当選で、「オール沖縄」がまた一歩、その勢力を拡げることとなった。

今後、基地問題が国政でどのような展開を見せるのかに注目される。


(選挙最終日の打ち上げ式。熱気の中、翁長知事ら「反基地派」のそうそうたる顔ぶれが並ぶ)

当確を逃した島尻氏 現職大臣を失った与党への影響は大

一方、当確を逃した島尻氏。

選挙前から、情勢が危ぶまれていた島尻氏だが、終始、伊波氏にリードを許す展開。

徹底して「基地問題」を封じ込め、経済政策をメインに訴えたが、その声は最後まで県民の心に届かなかった。


【Facebook 最終日の合同打ち上げ式には、安倍昭恵首相夫人も駆け付けた】

 

関連記事

参議院選挙 沖縄県選挙区 開票速報 2016 当選落選結果

【参院選-沖縄-情勢速報】「反辺野古」伊波氏リード変わらず 現職大臣・島尻氏は苦戦 「米軍属」明確化の影響は

参議院議員選挙2016_バナー

スポンサーリンク

 - 九州・沖縄地方選挙, 沖縄県内選挙, 注目選挙, 結果速報, 選挙区・情勢予想 , , , ,