【大分市議選-情勢分析】自民・反自民拮抗。労組票の行方はいかに?

   

スポンサーリンク

任期満了に伴う大分市議選が12日告示され、定数44に対し49名の候補者が立候補を表明した。情勢を分析した。

大分市議選・情勢

1.市議会で最大会派を占める自民。しかしながら、反自民系会派も影響力大。

2.反自民が強い大分。しかし自民も勢いをつけ、近年の勝敗は拮抗している。

3.引退する労組出身者の票の行方は?関心が低くなりそうな選挙戦、反自民系には1票でも多い積み増しがカギ。

★大分市議会議員選挙:19日(日)20時~投開票速報を随時更新★

【開票速報・結果】大分市議会議員選挙(市議選) 2017

スポンサーリンク

大分市とは?

大分市(おおいたし)は、日本の九州地方の東部、大分県の中部に位置する市。同県の県庁所在地であり、中核市にも指定されている。

人口は、東九州で鹿児島市に次ぐ2位で、九州内では福岡市、北九州市、熊本市、鹿児島市に次ぐ第5番目の規模となる。

大分県内の人口の約40%が集中する首位都市であり、人口約70万人の大分都市圏の中心。

中世には大友氏の城下町として発展し、戦国時代にはキリシタン大名大友宗麟の庇護のもと、日本におけるキリスト教布教の中心地となり、南蛮文化が花開いた。

高度経済成長期に鉄鋼業、化学工業などの重化学工業の進出に伴い工業都市として急成長し、近年では電子工業の立地が進んでいる。

大分市議会の会派

大分市議会の会派(平成25年3月10日現在)

会派 所属議員数
自由民主党 14
社会民主クラブ 8
公明党 6
新市民クラブ 6
おおいた民主クラブ 4
日本共産党 3
新政クラブ 2
無所属 1
44

現在大分市議会では、自民系会派が44名中14名と最多の派閥となっている。

それに社会民主クラブ・新市民クラブなどの反自民系会派の議員が続く。

社会民主クラブ・新市民クラブ・おおいた民主クラブなどの3会派を合計すると18名と自民系会派を上回る数となっている。

自民の勢い・反自民の勢い

大分県知事選(2015) 自民系新人勝利
大分市長選(2015) 自民系新人勝利
参院選大分県選挙区(2016) 民進党現職勝利

大分は社民党の吉田忠智党首を輩出するなど、保守的な九州のなかにあって比較的労組といった反自民系勢力の影響力の強い傾向がある。

そんな中で、近年は自民系と非自民系が拮抗する面白い展開だ。2015年の県知事選では自公の推薦を受けた新人の広瀬氏が、当時の民主党の支援を受けた元大分市長の釘宮氏を破った。

釘宮氏の知事選出馬に伴い執行された市長選では、自民・維新などが支援した佐藤紀一郎氏が当選。連合大分や民主党系議員が支援する元大分大副学長の椋野美智子氏を破った。

自民の巻き返しが翌年以降も続くかと思われたが、それは阻まれた。自民党は弁護士で新人の古庄玄知氏を立てたが、わずか約1000票の差で及ばず、涙をのんだ。

当選した現職の足立氏と自民の古庄氏の明暗を分けたとされるのは、大分市での無党派層への浸透だったとされている。足立氏は2016年参院選で、民進党の九州唯一の議席を守る形になった。

労組出身現職が引退へ。票の行方は?

今回の市議選で具体的に課題となってくるのが、引退する3名の市議の票の行方だ。新市民クラブの徳丸修氏(東芝労組)と河内正直氏(JR九州労組)、

おおいた民主クラブからは福崎智幸氏(九州電力労組)の3名が引退するが、後継者を立てることができなかった。

大分市内に居を構える労組の大票田は同じ組合系出身者に流れるかと思われるが、大分合同新聞によると、現職の候補者の感触は「いまひとつ盛り上がりに欠ける」という。

候補者の関心が低くなりがちな本選挙戦において、反自民系候補者は1票でも多い票の積み増しが当落を左右しそうだ。終盤まで情勢が注視される。

関連記事

★大分市議会議員選挙:19日(日)20時~投開票速報を随時更新★

【開票速報・結果】大分市議会議員選挙(市議選) 2017

より多くの皆さんにご覧いただき、より厳しくコンテンツを磨いていくために、ぜひクリックをお願いします。
ブログランキング用バナー
スポンサーリンク

 - 九州・沖縄地方選挙, 大分県内選挙, 大阪府内選挙, 政治ニュース, 近畿地方選挙, 選挙区・情勢予想 ,