【沖縄県議選中頭郡区・結果速報】現職・新里候補、新人・新垣候補が得票数で躍進。保革の割合は変わらず。

   

スポンサーリンク

沖縄県議会議員選挙 中頭郡区 2016 当選落選結果

氏名 年齢 党派 職業 新/現/元 得票数※1 当落
1  新垣 光栄 52 無所属 無職 10,098.000 当 
2  仲宗根 悟 58 無所属 無職 10,359.000 当 
3  瑞慶覧 功 60 結の会 沖縄県議会議員 8,306.000 当 
4  中川 京貴 53 自民党 沖縄県議会議員 11,524.000 当 
5  新里 米吉 69 社民党 沖縄県議会議員 12,771.000 当 
6  仲松 勤 60 自民党 有限会社仲松冷凍専務取締役 7,446.000

沖縄県議会議員選挙 中頭郡区 2016 それぞれのドラマ

現職4候補、全員当選。新里・中川・仲宗根3氏はいずれも10,000票以上獲得、瑞慶覧候補も議席を維持。

過去2回の選挙から、4名の候補者がそれぞれ10,000票以上の得票数を獲得したのは今回が初。

なかでも、前回定数5のうち4位当選だった新里候補が前回8,537票から12,771票でトップに躍り出るなど、大きく躍進した。

中川候補は前回の他候補に3,000票以上ものトップ当選には及ばなかったものの、11,524票と高い得票数で当選を果たした。

仲宗根候補は10,359票を獲得。10,000票台を割った前回2012年選挙から、また持ち直した形だ。

瑞慶覧候補は他候補に比べると積んだ票数こそ見劣りするものの、2008年・2012年と続いて固定層の支持を得て当選を果たした。

新垣候補・新人ながら10,000票台を獲得。一方、保守系新人の仲松候補は涙をのむ結果に。

新垣候補は新人ながら10,000票台を獲得。地元・中城村を中心として、地域での高い支持が窺える結果となった。

自民党から出馬した新人の仲松候補は、7,446票とあと一歩及ばず涙を呑む結果となった。

沖縄県議会議員選挙 中頭郡区 2016

今回のそれぞれの候補者の高い得票数の背景の一つに、

前回・前々回に比較し、定数5に対し6名の候補者による選挙となったことから、現職の候補者を中心に票が分散しなかったためと考えられる。

中頭郡区における保革の割合は、新人の新垣候補が現職の喜納昌春氏にとってかわったこととなり、革新系与党:保守系野党の割合は2012年選挙時と同じ4:1のままとなった。

関連記事

okinawa_tokushu

沖縄県議会議員選挙 中頭郡区 開票速報 2016 当選落選結果

沖縄県議選2016・すべての結果一覧はこちら

【オール沖縄vs保守系野党】沖縄県議選2016・速報結果一覧

スポンサーリンク

Comments

comments

 - 九州・沖縄地方選挙, 沖縄県内選挙, 沖縄県議選_2016 , ,