【沖縄県議選浦添市区・結果速報】革新派、一歩前進。参院選に向けてオール沖縄への流れを作る結果に。

   

スポンサーリンク

沖縄県議会議員選挙 浦添市区 2016 当選落選結果・速報

氏名 年齢 党派 職業 新/現/元 得票数 当落
1 島尻 忠明 49 自由民主党 無職 7,296
2 赤嶺 昇 49 無所属 沖縄県議会議員 9,845
3 西銘 純恵 65 日本共産党 沖縄県議会議員 7,526
4 儀間 光秀 45 おおさか維新の会 沖縄県議会議員 5,256
5 当山 勝利 53 沖縄社会大衆党 無職 7,516
6 コクバ 栄正 74 つぼみ咲いた夢を広げる会 無職 135
7 金城 泰邦 48 公明党 無職 9,254

沖縄県議会議員選挙 浦添市区 2016 それぞれのドラマ

「ドブ板の帝王」赤嶺候補、トップ当選。しかしながら初の10000票を割り込む。

赤嶺候補が3期連続でトップ当選を果たした。

選挙期間以外も、イメージカラーの水色のノボリを掲げて選挙区をくまなく自転車で回る赤嶺候補。

しかしながら、12,403票(2008年)・11,866票(2012年)と過去2回の選挙でははじめて10,000票台を割る結果となった。

新人で躍進した金城候補。同級生を巻き込んでの無党派層の票の獲得への成功が当選の要因か。

新人で躍進したのは公明党から出馬した金城候補。公明党の支持母体の創価学会の固定票のほか、

地元・浦添高校の同級生を中心とした無党派層への訴えが功を奏した形だ。

あえなく敗北……。コクバ候補。

元・県庁職員のコクバ候補は、新党「つぼみ咲いた夢を広げる会」の公認として出馬したが、無党派層への訴求が難しく他の6候補と135票と大差をつけて敗北を喫した。

保守層の応援むなしく、島尻候補やぶれる。

うるま市の遺体遺棄事件で、逆風を増すことになった野党・自民党。浦添市区から出馬した新人の島尻候補(自民・新人)も

市内での決起大会では2000人を超す市民の動員するなど、市内の保守層の支持は厚かったが、無党派層への訴求力の課題を克服しきれず7,296票と涙をのんだ。

儀間候補、地盤を守り切れず。維新の議席を明け渡す。

今回現職で唯一涙をのんだのが儀間候補。当初より他の候補と地盤が重なり、苦戦が予想されていたが、今回の得票数は5,256票と前回2012年選挙から2,400票を失い、

父の儀間光男氏から続く浦添の地域を明け渡すことになった。

地盤を守り切った西銘候補。前回・前々回と同程度の得票数で推移。

今回、新基地移転反対を中心政策として訴えた西銘候補。前回2012年に比べ約200票を失ったものの、同様の水準の7,526票を守り切り、当選を果たした。

2度目の県政チャレンジが実った当山候補。娘の応援実る。

【沖縄県議選浦添市区・結果速報】革新派、一歩前進。参院選に向けてオール沖縄への流れを作る結果に。

(出典:https://www.facebook.com/satoko.taira.5?pnref=story)

浦添市議から出馬した当山候補(社大・新人)は、村田製作所で働いた生粋のエンジニアという異色の経歴を持つ。

観光をはじめとした第3次産業が産業の中心となっている沖縄において、モノづくりによる沖縄振興を訴えた。

地元大学に通う次女の園実さん(22)も、SNSや対面で陰ながら父の当山候補の選挙活動を応援。

園実さんに、父の当山候補について尋ねると、「昔から勤勉で、厳しいこともあるが、家族をとても思いやっていて、そしてとても真面目で誠実な人だと思う」と語った。

前々回の2008年に浦添市区から県議選に出馬した当山候補。当時は5,032票で涙をのんだが、今回の2016年選挙は家族に支えられた2度目のチャレンジが実った結果となった。

スポンサーリンク

沖縄県議会議員選挙 浦添市区 2016

沖縄県議選の浦添市区は、新基地移転反対の世論を受け、革新派が1議席躍進した形だ。

翁長知事のおひざ元である那覇市を中心として、革新派の候補が影響力を強く持つ傾向にある。

浦添市区での今回の沖縄県議選は、郡部・離島部自治体が保守派が依然強い影響力を持つなかで、

伊波洋一氏を擁立するオール沖縄の中心を担っていく選挙区として存在感を強める結果となった。

関連記事

okinawa_tokushu

沖縄県議会議員選挙 浦添市区 開票速報 2016 当選落選結果

沖縄県議選2016・すべての結果一覧はこちら

【オール沖縄vs保守系野党】沖縄県議選2016・速報結果一覧

スポンサーリンク

Comments

comments

 - 九州・沖縄地方選挙, 沖縄県内選挙, 沖縄県議選_2016 , ,