【福岡6区補選-情勢分析】二郎氏優勢。野党統一候補・新井氏は打倒与党の「本命」なるか?

   

スポンサーリンク
【福岡6区補選-情勢分析】各紙は二郎氏を報じる。新井富美子氏は分裂与党の「真打ち」なるか?

(出典:各候補者Facebook)

鳩山邦夫元総務相の死去に伴う福岡6区補選。11日の告示から折り返し地点となった本日17日までに、

共同通信や朝日新聞などの主要メディアは相次いで世論調査を発表、鳩山二郎氏が知名度を生かして優勢な展開で選挙戦を進めている。

手堅く民進支持層をまとめ追うのは野党統一候補の新井氏だ。

政治プレス新聞社では、主要メディア(読売・日経・共同通信・朝日)の4紙によって情勢を分析する。

スポンサーリンク

福岡6区補選2016・情勢分析

読売新聞(10月17日付け)

読売新聞は二郎氏が自民支持層の6割、公明支持層の6割をそれぞれ固めていると報じている。

自民党系の無所属2人と民進党候補らが戦う構図の福岡6区は、

鳩山氏が自民支持層の6割以上、公明支持層の6割近くを固め、無党派層の約3割に浸透。

野党統一候補の新井氏は、民進支持層の6割近くをまとめた。鳩山氏と自民党の公認争いをした蔵内氏は、自民支持層を固め切れていない。

(東京10区、若狭氏優位…福岡6区は鳩山氏|読売新聞)

日本経済新聞(10月17日付け)

日本経済新聞は二郎氏が自民支持層の6割を、蔵内氏が1割に留まっていることを報じている。

野党統一候補の新井氏が手堅く民進支持層を固めているが、無党派層の浸透が課題だ。

 自民支持層の6割が鳩山氏で、蔵内氏は1割強にとどまる。鳩山氏は無党派層の5割弱を取り込んだ。

新井氏も民進支持層の7割を押さえたが、無党派層の浸透が課題になりそうだ。諸派新人西原忠弘氏は支持が広がっていない。

(東京10区は自民・若狭氏優勢 衆院補選、福岡6区は鳩山氏|日本経済新聞)

共同通信(10月17日付け)

共同通信社が発表している世論調査で特徴的なのは、二郎氏の公明支持層からの支持だ。佐賀新聞で報じられているところによると、公明支持層の8割以上を固めている。

 福岡6区補選は自民党の鳩山邦夫元総務相の死去を受けて実施。邦夫氏の次男の二郎氏は自民党支持層の6割超、公明党支持層の8割以上をまとめた。

民進党新人新井富美子氏(49)は民進党支持層の5割強を固めた一方、2割強が鳩山氏に流れている。

無所属新人蔵内謙氏(35)は自民党支持層で1割程度の支持にとどまる。諸派新人西原忠弘氏(61)は苦しい。

(衆院2補選情勢 福岡6区、鳩山氏が優勢|佐賀新聞)

朝日新聞(10月16日付け)

二郎氏に特に高い支持率を発表しているのが朝日新聞だ。自民支持層の8割を固めたと報じている。また、蔵内氏も他紙に比べて自民支持層の2割に浸透するなど微増が報じられている。

 故鳩山邦夫元総務相の次男で、前福岡県大川市長の鳩山二郎氏は自民支持層の8割を固め、無党派層にも浸透。

新井氏は民進支持層と共産支持層をほぼ固めたが、無党派層の支持は2割にとどまる。自民党県連会長の長男の蔵内氏は、自民支持層からの支持は2割弱にとどまっている。

(東京10区若狭氏安定 福岡6区は鳩山氏優勢 情勢調査|朝日新聞)

4紙の分析をまとめると…

4紙の世論調査をまとめると、二郎氏が自民支持層の6割を獲得し他候補に先行している。朝日新聞はさらに高い8割を発表した。

民進支持層を手堅くまとめるのが野党統一候補・新井氏だ。民進支持層の5~7割を固めている。

一方、強力な組織力を持つ蔵内氏は厳しい。自民支持層からの支持は1~2割弱にとどまっており、幸福実現党の西原氏と並んで劣勢が報じられている。

蔵内氏、なぜここまで苦戦?都知事選と比較してみたけど…

蔵内謙

(出典;くらうち謙事務所Facebook)

自民党福岡県連が全面的に支援する蔵内氏は自民支持層への波及が1~2割と苦戦を強いられている。

なぜ自民党福岡県連の組織力があってここまで勝てないのかという素朴な疑問がわく。

今回選挙と構図がよく似ている夏の都知事選。自民党東京都連のバックアップを受けて出馬した元岩手県知事の増田寛也氏と比べると、

増田氏は今夏の都知事選で自民支持層の4割弱、公明支持層の6割を固めている。自公支持層だけを見てみると、増田氏は小池百合子氏より優位につけていた。

(小池・増田氏競り合い、鳥越氏が追う…都知事選|読売新聞)

増田氏を選んだ層は「行政経験」重視

同紙によると増田氏を選んだ層の6割弱が「行政経験」を重視し、これが支持の最多の理由となった。

これは増田氏が岩手県知事や総務相を務めた「実務家」としての側面が買われたとみられる。今回自民支持層の波及に苦戦する蔵内氏は、

同年代で保守系の二郎氏との差別化ができていないことも苦戦の一因とみられそうだ。

関連記事

【東京都知事選2016・終盤情勢分析】小池氏先行に増田氏が猛追 鳥越氏は騒動が痛手で伸び悩む

支持層を手堅くまとめる野党統一候補・新井富美子氏 6区の「真打ち」なるか

蔵内氏が当初の予想以上に苦戦を強いられている一方、野党統一候補・新井富美子氏は手堅く民進支持層をまとめている。

16日・17日に発表された各紙の世論調査では民進支持層の5~7割を固めている。

不安要素は無党派層への波及 「残り3割」にアピールなるか

しかしながら朝日新聞に指摘されているように、無党派層への波及が2割にとどまるなど、

無党派層へのアピールがまだ心もとない様子だ。

しかしながら共同通信や読売新聞の世論調査では、態度未定層が3割いると報じられており、終盤で情勢が変わる可能性がある。今後の情勢が注視される。

★ランキングに参加しています
より多くの皆さんにご覧いただき、より厳しくコンテンツを磨いていくために、ぜひクリックをお願いします。
ブログランキング用バナー
スポンサーリンク

Comments

comments

 - 九州・沖縄地方選挙, 政治ニュース, 福岡県内選挙, 選挙区・情勢予想 , , , , , ,