【福岡6区補選-情勢分析】保守分裂の福岡6区、各候補の当選のシナリオとは?

      2016/09/29

スポンサーリンク
20160929福岡6区「鳩山二郎・蔵内謙・新井富美子」

組織力「フル装備」の蔵内氏に対してある意味「裸一貫」な二郎氏だが…

自民党は25日、鳩山邦夫元総務相死去に伴う衆院福岡6区補欠選挙(10月11日告示、23日投開票)について、公認を見送る方針を固めた。

同補選には保守系からは党福岡県連会長の長男で参院議員秘書を務めた蔵内謙氏と、

邦夫氏の次男で前大川市長の鳩山二郎氏が出馬を表明。

双方一歩も引かない状況が続き、調整が難航していた。

党本部はいずれか一方を公認すると議論が紛糾すると判断し、「痛み分け」として、どちらも選ばず、当選者を後付けで公認する方向だ。

スポンサーリンク

福岡6区の過去10年の選挙結果

鳩山邦夫氏は初めて出馬した2005年以降、

過去4回の選挙は約80,000~130,000票を獲得して小選挙区で当選している。

邦夫氏が亡くなって以来、なかでも今回のケースと近いと言えそうなのが2005年衆院選だ。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

小泉政権の郵政改革が論点になったこの年。世論の関心も高まり投票率は福岡6区で64.02%に到達した。(福岡県選挙管理委員会より)

前回2014年の衆院選の福岡6区の有権者数は371,160人。

50%超の投票率が見込める場合、2005年選挙で民主・共産候補が獲得した合わせて約12万票を上回るためには、当選のためには13万票は欲しい所だ。

各候補当選までのシナリオ

鳩山二郎氏の場合

鳩山二郎氏(出典:武蔵野大学FDシンポジウム)

鳩山二郎氏(出典:武蔵野大学FDシンポジウム)

「弔い合戦」の勢い味方につけ下馬評通り勝ち抜けたい

福岡6区補選、最有力候補とされているのが亡き邦夫氏の次男・鳩山二郎氏だ。

「父(魂)とともに」を掲げた街宣車で区内を回り、「父・邦夫の弔い合戦」を前面にアピールした選挙戦を展開している。

自民党が独自に実施した6区の世論調査では2位の蔵内氏に3倍の差をつけてトップに躍り出ている。

(蔵内氏に出馬辞退促す=衆院福岡6区補選-自民執行部|時事通信)

父・邦夫氏は過去4回の選挙で約8万票~13万票を獲得しており、高い注目度で投票率も上がることから、

世論を味方につければ同程度の得票で勝ち抜けが見込まれる。

地元での組織力が不安 30万人の久留米市をいかに固めるかが課題

心もとないのが地元での組織力だ。自民党県連と真っ向から対立して戦うため、

県議・市議と連携しての個人演説会やイベントへの招待は難しい。

地元首長や業界団体は対応に戸惑いながらも、「中立」のスタンスを保っているようだ。

(自民公認争い踏み絵迫られ 地元首長 腐心の「中立」 福岡6区補選|西日本新聞)

二郎氏は大川市長を3年間務めた実績があり、同市3万人の市民にはなじみ深い顔だが、

それでも30万人を擁する最大票田・久留米市には遥かにその影響力も及ばない。

蔵内・新井・小林の3候補においては、最大票田の久留米市でいかに支持を先んじて固められるかが焦点になるだろう。

蔵内謙氏の場合

福岡6区 蔵内謙

(出典:蔵内氏Facebook)

厳しい世論調査の数字…知名度不足、経験不足を憂う声も

県連の全面支援を期待できる蔵内氏だが、それでも世論調査の結果は3倍以上の差を広げられている。

また、国政入りを果たそうとするが、政界の経験は参議院議員秘書を務めた2年間のみ。

当初は実の父親の勇夫氏ですら蔵内氏が候補に挙がっていることについて「冗談だろ?」と思うほどだったという。

(2人の「息子」対決か、保守分裂の様相…政権内、主導権争いの側面 福岡6区補選|産経新聞)

組織力・麻生副総理らのサポートで浮動票巻き返しできるか

注目するべきは、麻生副総理・古賀誠元幹事長という重鎮のサポートだ。

亡き邦夫氏の次男で、大川市長を務めた二郎氏に知名度は劣るものの、

党の重鎮である麻生副総理は「伸びしろはある」としてテコ入れ。長年反目していた古賀元幹事長と手を組むほどの徹底ぶりだ。

県議や市議などの組織力で久留米市といった大都市にアピールできる点も強み。都市部でいかに支持を先んじて固められるかに注目だ。

野党共闘候補の場合

新井富美子

(出典:新井氏公式Facebook)

(出典:小林氏公式Facebook)

(出典:小林氏公式Facebook)

現在名乗りを上げている野党候補は民進党からは元外交官の新井富美子氏、共産党からは小林解子氏と女性候補2名が名乗りを上げている。

得票数12万票 与党・自民党の脅威となりうる数字

共産党は野党共闘に党を挙げて前のめりな姿勢を示している。当初野党共闘推進に消極的だった民進党も、

蓮舫党代表が野党共闘を継続する意向から、福岡6区でも野党共闘が実現する可能性が高い。

2005年選挙では、当時の民主党・共産党の候補の得票数を合わせると約12万票。保守の鳩山・蔵内の両候補にとっても脅威となる数字だ。

ある意味、カギは蔵内氏?

そういった点で、野党候補にとっては、保守、特に最有力の鳩山候補がどの程度得票数を落とすかも注目どころ。

そういった意味で、蔵内氏の支持拡大も野党にとってはプラス要素だ。荒れ模様の6区を野党が美味しくいただく「漁夫の利」となるかにも要注目だ。

★ランキングに参加しています
より多くの皆さんにご覧いただき、より厳しくコンテンツを磨いていくために、ぜひクリックをお願いします。
ブログランキング用バナー

【福岡6区補選-情勢分析】自民党、蔵内氏に出馬見送り要請。麻生大臣を巻き込んで、駆け引きはどこへいく?

スポンサーリンク

 - 九州・沖縄地方選挙, 政治ニュース, 福岡県内選挙, 選挙区・情勢予想 , , , , ,