【参院選2016-兵庫-結果速報】自公2議席に維新が「改革」盛り上げ当選。

   

スポンサーリンク

参院選 2016 兵庫県選挙区 当選落選結果・速報

氏名 年齢 党派 職業 新/現/元 得票数 当落
1 湊 侑子 33 幸福実現党 幸福実現党兵庫県本部参議院選挙区代表 49,913
2 末松 信介 60 自由民主党 自由民主党兵庫県参議院選挙区第一支部長 641,910  当選
3 水岡 俊一 60 民進党 参議院議員 420,068
4 金田 峰生 50 日本共産党 日本共産党国会議員団兵庫事務所長 228,811
5 伊藤 孝江 48 公明党 弁護士 542,090 当選
6 片山 大介 49 おおさか維新の会 おおさか維新の会参議院兵庫県選挙区第2支部長 531,165  当選
7 下家 淳の介 44 日本のこころを大切にする党 ライト建設株式会社代表取締役 23,954

参院選 2016 兵庫県選挙区 それぞれの選挙戦展開

自民現職・末松信介氏がトップ当選

定数3の兵庫県選挙区。定数2から増員となった議席を争い、激しい選挙戦が繰り広げられた。中でも選挙戦序盤から議席争いで一番先に名が挙がっていたのが自民現職の末松氏。

序盤のリードを守りトップ当選を果たした。

24年ぶりの兵庫の議席勝ち取る 公明新人・伊藤孝江氏

末松氏に続く、残る2議席は混戦が報じられ続けた。中でも、2位当選した公明新人・伊藤孝江氏は苦戦が予想されていた。

参院選序盤に共同通信が発表した県内の政党支持率は、公明が5.9%と自民32%、民進8.5%、おおさか維新8.3%と大きく水を開けられていた。(参院選序盤情勢 兵庫、自民が先行|神戸新聞)

自民党兵庫県連は「兵庫は他党候補を支援する余裕はない。わが党の公認候補末松信介氏を支援するのが第一義」として末松氏の当選に専念すると宣言。

(参院選自公選挙協力問題で県連幹事長ら会見「公認候補末松信介氏への支援が第一義」所属議員に理性あるアプローチを求める|自民党兵庫県連)

孤軍奮闘の状況の中、伊藤氏はさらに意欲的に選挙戦を展開した。日経によると、終盤には公明支持層の9割を固めたほか、自民支持層の1割にも定着(兵庫 追う4氏、無党派争奪戦|日本経済新聞)

さらに自民支持層の「業界団体などへの働き掛けを強め」(末松、片山が先行=兵庫【参院選情勢】|時事通信)、組織票固めから同じ与党の自民支持層まで食い込む「肉食」ぶりで議席を勝ち取った。

最後の議席を勝ち取ったのはおおさか維新・片山大介氏

兵庫で最後の議席を勝ち取ったのはおおさか維新新人・片山大介氏だ。

片山氏はおおさか維新支持層の7割を終盤までに固め、自民支持層の1割にも浸透(同上|日本経済新聞)

重点区のここ兵庫県選挙区は、片山虎之助共同代表の次男の大介氏が立ち、比例代表で当選した虎之助氏との親子二代での参院入りと相成った。

自民支持層にも支持が波及した。片山氏は「身を切る改革」を演説中に繰り返し、無党派層にアピール。

陣営幹部によると、今回は橋下氏を欠いた選挙だったものの、3年前の参院選に続き「ふわっとした民意をつかんだ」(おおさか維新・片山大介氏、父・虎之助氏と二人三脚、“ふわっとした民意”つかむ|産経新聞)

おおさか維新の会は大阪府選挙区で2名の候補者が、そしてここ兵庫県では片山氏が当選した。

さらなる全国区での影響力の波及を狙い、「日本維新の会」への改称を検討している。自公に食い込むおおさか維新の会の勢いが注目される。

スポンサーリンク

兵庫県の関連記事

参議院選挙 兵庫県選挙区 開票速報 2016 当選落選結果

【参院選-兵庫-情勢速報】自民、世論調査で一歩先行。「孤軍奮闘」公明、残るは組織力が頼みか。

参議院議員選挙2016_バナー

スポンサーリンク

Comments

comments

 - 兵庫県内選挙, 注目選挙, 結果速報, 近畿地方選挙, 選挙区・情勢予想 , , , , ,