【参院選2016-奈良-結果速報】37歳・佐藤啓氏が民進現職の前川氏らを破り当選

   

スポンサーリンク

参院選 2016 奈良県選挙区 当選落選結果・速報

氏名 年齢 党派 職業 新/現/元 得票数 当落
1 前川 清成 53 民進党 216,361
2 吉野 忠男 57 おおさか維新の会 119,994
3 佐藤 啓 37 自由民主党 292,440  当選
4 田中 孝子 60 幸福実現党 13,293

参院選 2016 奈良県選挙区 それぞれの選挙戦展開

佐藤啓氏が当選 民進現職の前川氏・おおさか維新の吉野氏らを破る

自民新人・佐藤啓氏が民進現職の前川氏・おおさか維新新人の吉野氏といった対立候補を下して勝利した。

佐藤氏は奈良市出身。東京大学を卒業後、米国の大学院などを経て総務省に入省。

「若い世代を元気に若い世代を元気にする」と訴え、37歳の候補者として現職の前川氏との差別化を図った。

この戦略が功を奏したとみられる。日経によると、佐藤氏は終盤に自民支持層の7割・公明支持層の8割に浸透したほか、20・30代で5割弱の支持も得た。(奈良 37歳佐藤、依然リード|日本経済新聞)

佐藤氏の当選によって、奈良の衆参6つの議席のうち5つを自民党が占めることになった。奈良において、自民党はさらに存在感を増しそうだ。

民進現職・前川氏敗れる

民進現職の前川氏は2期12年守った議席を明け渡すことになった。

奈良で野党統一候補となった前川氏は、安保法に反対する市民団体や共産と連携し、支持拡大を図ったが、前回2010年の約30万票から21万票に一気に票を落とした。

2010年選挙時は、一日50回以上街頭に立ち、大票田の奈良市ではドブ板選挙を徹底。

また当時民主党政権時代に、自ら手掛けた貸金業法改正や国会議員年金の廃止をPRし、現職として正攻法の選挙を行った。

(前川氏先行、追う山田氏 - 2010参院選・終盤の情勢 [上]北和地域|奈良新聞)

2期12年を務めた実績があるが、政権交代から数年がたち、存在感が低下した民進党に、「若さ」を売りに切り込んだ佐藤氏の前に敗れた形だ。

おおさか維新・吉野氏は及ばず 「奈良府民」票獲得を見込んだが…

おおさか維新新人の吉野氏は、約12万票を獲得したが、同じく新人の佐藤氏には及ばなかった。

大学で教鞭をとる吉野氏は、教育政策を軸に無党派層の取り込みを狙った。

吉野氏を擁立したおおさか維新の会は、今回の参院選で、拠点の大阪以外の勢力拡大に腐心した。

おおさか維新は、大阪に通勤する奈良県民「奈良府民」に注目し、奈良での勢力拡大を図った。吉野氏は県内のベッドタウンを中心に浸透を図ったが、及ばなかった。

スポンサーリンク

奈良県の関連記事

参議院選挙 奈良県選挙区 開票速報 2016 当選落選結果

【参院選-近畿-情勢速報】滋賀は小鑓が林を抜く。岡田代表の地元・三重は大接戦。混戦の兵庫・大阪。奈良・和歌山・京都は自民先行。

[amazonjs asin="B01AUQE04K" locale="JP" title="[奈良お土産] 鹿飛び出し注意!バタークッキー (日本 国内 奈良 土産)"]

参議院議員選挙2016_バナー

スポンサーリンク

 - 奈良県内選挙, 注目選挙, 結果速報, 近畿地方選挙, 選挙区・情勢予想 , , , ,