【参院選-兵庫-情勢速報】自民、世論調査で一歩先行。「孤軍奮闘」公明、残るは組織力が頼みか。

      2016/07/07

スポンサーリンク

参院選-兵庫-情勢速報

共同通信の世論調査:兵庫では自民が32%と先行

参院選2016 兵庫 自民現職 末松信介候補

公示日の22日に県内で街頭活動を行う末松候補(出典:https://www.facebook.com/kansuke.ohtani?pnref=story)

共同通信が22・23日に行った世論調査によると、兵庫では自民現職の末松信介候補が先行。

おおさか維新新人の片山大介候補、公明新人の伊藤孝江候補、民進現職の水岡俊一候補の3人が残り2議席を激しく競る展開となっている。

(参院選序盤情勢 兵庫、自民が先行|神戸新聞)

自民が32%と大きく先行 舛添問題、影響が小さい?

世論調査の結果は、自民支持がトップの32%。それに続き、民進8.5%、おおさか維新8.3%、公明5.9%、共産4.4%と続く結果となった。

自民党が他の党を大きく先行する状況だが、事前に県内の各党関係者が予想していたように、県内での舛添知事の辞任問題の影響は小さいとみられる。

(舛添氏辞職で兵庫県内各党 参院選への影響小さい|神戸新聞)

後れを取る公明、孤軍奮闘 支持母体・創価学会の組織力が頼みか

参院選2016 兵庫 公明新人 伊藤たかえ候補

地元・西宮市の仁川駅前で街頭演説を行う公明・伊藤候補。(出典:https://www.facebook.com/itotakae.hyogo/?fref=ts)

先行する自民に民進・おおさか維新の会が続こうとしているなか、数値上では公明・共産の2党は伸び悩んでいる。

日本経済新聞は兵庫などでは「複数区で自民から協力を得る戦略が効果をあげている」としているが、

(複数区でも公明手堅く 共産は議席上積みの勢い 参院選序盤情勢|日本経済新聞)

地元紙・神戸新聞は「競合する公明候補への推薦を巡るしこりが垣間見える場面もあった」として次のように述べている。

公明新人伊藤孝江氏(48)の事務所には、自民から衆院議員4人が出席したが、自公の共闘ムードは乏しかった。

伊藤氏は連立政権の成果にはほとんど触れず、約300人を前に「公明党から24年ぶりの挑戦、負けるわけにはいきません」と気勢を上げた。

(参院選公示 構図一変3議席巡り攻防 兵庫選挙区|神戸新聞)

数値で後れを取る公明・伊藤候補。自民との協調関係を築くのが難しく、孤軍奮闘の選挙戦で、支持が伸び悩んでいることが予想される。残るは公明党の支持母体・創価学会の強い組織力が頼みか。

参議院選挙 兵庫県選挙区 開票速報 2016 当選落選結果

【参院選情勢速報】負けられない京都、共産が猛追。自公対立の兵庫。維新の「城下町」大阪では、女性候補が台風の目。

参議院議員選挙2016_バナー

スポンサーリンク

Comments

comments

 - 兵庫県内選挙, 参議院議員選挙2016, 注目選挙, 近畿地方選挙, 選挙区・情勢予想 , , , , , , , ,