【参院選-奈良-情勢速報】奈良の野党共闘は共産との溝が懸念、おおさか維新は知名度アップが課題

      2016/07/07

スポンサーリンク

参院選-奈良-情勢速報

定数1を4名が争う奈良選挙区。民進の現職・前川候補に自民・佐藤候補、おおさか維新・吉野候補らが挑む形。

奈良は1人区では稀なおおさか維新が進出していることもあり、「票が読めない」と警戒されている選挙区。

幸福からは田中候補が出馬する。

野党共闘は連携も、なお一定の距離感か

1人区の奈良でも、野党共闘が実現している。2期の民進の現職・前川候補を共産・社民の2党が推薦する形で、選挙協力などで連携が進んでいる。

政治評論家の小林吉弥氏は、ここ奈良での野党共闘について「前川氏は共産、社民の推薦も得ており、地元で浸透している」と述べている。

(参院選、首都圏・近畿圏の8選挙区の情勢分析 小林吉弥氏|夕刊フジ)

しかしながら、前川候補の公示日当日の出発式では、共産党の関係者が挨拶を行わないという一幕もあった。

陣営幹部は、産経新聞に対し「共産との共闘がマイナスになったら意味がない。選挙運動のやり方は場面場面で考えないと」と打ち明けている。

(野党統一候補の出発式、共産あいさつせず 奈良「共闘マイナスになったら意味ない」と陣営幹部|産経新聞)

奈良県外から見れば、共闘の姿勢を取っているように見受けられるが、地元の支援者から見ると、必ずしも共闘は盤石でない姿が浮かんでくる。

スポンサーリンク

「票が読めない」維新・吉野候補、知名度アップが課題

自民、民進両党が「票が読めない」と警戒しているのが、維新の新人の吉野候補だ。

おおさか維新の会の奈良県総支部「なら維新の会」のメンバーの県議・市議らとのつながりを駆使して催事や辻立ちなどを強化し、

課題となっている知名度アップ(情勢分析 奈良|産経新聞)を図る。

参議院選挙 奈良県選挙区 開票速報 2016 当選落選結果

【参院選情勢速報】お膝元・三重では因縁の対決。奈良は混戦。滋賀・自民党内の「悩みのタネ」。なお攻め切れぬ「二階王国」和歌山。

参議院議員選挙2016_バナー

スポンサーリンク

Comments

comments

 - 参議院議員選挙2016, 奈良県内選挙, 注目選挙, 近畿地方選挙, 選挙区・情勢予想 , , , ,