【大和郡山市長選-情勢分析】現職先行、2新人は終盤追い上げなるか

   

スポンサーリンク
大和郡山市長選挙2017 上田清 栂野行男 北門勇気

(出典:各候補者Facebook)

任期満了に伴う大和郡山市長選が11日告示され、現職1名・新人2名が立候補を届け出た。動向と情勢を分析した。

★大和郡山市長選挙:18日(日) 投開票速報を随時更新★

【開票速報・結果】大和郡山市長選挙(市長選) 2017

大和郡山市とは?

大和郡山市(やまとこおりやまし)は、奈良県北部に位置する市。市名については、福島県にある郡山市との区別のために「大和郡山市」と定められた。

人口8.6万人と奈良県では4番目の人口を誇る自治体。佐保川や富雄川が流れる市内には、池も数多く見られ、ため池や金魚の養殖池として用いられてきた。

古くからの市街地は近鉄郡山駅やJR郡山駅周辺に広がり、現在でも細かな路地が入り組んでいる。

https://twitter.com/TERATABIST/status/870801193592922114

近鉄郡山駅前「ICHIBANYA FRUITS CAFE」の大きなフルーツサンドはネットでも話題だ

大和郡山市長選の候補者

左から現職の上田氏、新人の栂野氏、北門氏。(出典:左から大和郡山市HP・栂野行男Facebook・きたもん勇気後援会Facebook。)

大和郡山市長選挙に出馬するのは、現職の上田清氏と、元大手印刷会社役員の栂野行男氏、元市議の北門勇気氏だ。

現職の上田氏は京都大学卒業後は高校教諭を務めていたが、1988年に県教育委員会に。2001年の市長選に出馬し、以降4選。今回選挙では5選を目指す。父親は奈良県知事を3期務めた上田繁潔。

新人の栂野氏は同志社大学を卒業後、印刷大手・大日本印刷で取締役を、関連会社で社長を務めた。政治団体「明日の郡山を創る市民の会」代表。

北門勇気氏は元市議。大和郡山市出身で、駒澤大を卒業後、2011年に議員初当選(当選者24名中16位当選)。2015年の改選(当選者22名中17位当選)を経て、現在2期目。

スポンサーリンク

市長選の見どころ

現職の上田氏

2013年大和郡山市長選挙 開票結果

岡林 ふみ子 2,041
上田 清 16,352
丸谷  としかず 9,543

出典:大和郡山市選挙管理委員会

現新3氏が出馬する大和郡山市長選挙。現職の上田氏だが、その支持が必ずしも盤石というわけではない。

2013年市長選挙では上田氏の獲得票数が約16,000票であったのに対し、丸谷氏・岡林氏(共産推薦)の2新人の票を合算するとおよそ11,000票。

必ずしもその支持が盤石というわけではない。また2001年から4選を果たしており、同氏については多選の是非が議論されるところだ。

奈良新聞の終盤情勢分析 現職が先行か

…終盤に入り、知名度や経験で勝る上田氏を北門、栂野両氏が懸命に追い上げる展開となっている。

 上田陣営は連合奈良や部落解放同盟県連合会など約110団体から推薦を受けて、着実に票固めを進める。ただ新人2候補が各地で現職批判を展開していることから、陣営は危機感を持っており、橋本弘隆後援会長は「(上田候補は)行政経験豊かで人脈もある。市政を安心して任せられる人物であることをしっかりと訴えていきたい」と話す。

 北門陣営は出馬表明が4月下旬と他候補より出遅れたが、朝夕に駅立ちするなどして挽回を図る。また16年前の同市長選挙で上田氏と激戦を展開した小泉米造県議も、北門氏の街宣や個人演説会に参加し、強力に支援する。橋下勝彦選対本部長は「ようやく(現職と)並べるところまできた。この勢いで終盤、追い抜きたい」と手ごたえを見せる。

 栂野陣営は知名度不足が課題だったが、前回の市長選に立候補し、約9500票を獲得した丸谷利一市議とともに春ごろから駅立ちや街頭演説をこまめに行い、徐々に名前と顔を浸透させてきた。丸谷市議は「他候補と現職批判や政策が重なり、厳しい面はあるが、われわれとしては実直に政策を訴え、上田市政の実態を明らかにしていきたい」と話した。

(上田氏、実績で先行 - 北門氏、栂野氏が猛追/大和郡山市長選|奈良新聞)

奈良新聞によると、現在は現職の上田氏が先行している。新人の北門・上田氏の陣営は、それぞれ異なるバックグラウンドを持ちながらも、

(北門氏は2001年市長選に出馬した自民県議・小泉氏の支援を受け、栂野氏は2013年市長選に出馬した日本維新の会所属の市議・丸谷氏の支援を受けている)

上田市政批判という点で主張が重なり、票を伸ばすのが難しいようだ。引き続き本日・明日の終盤戦の各候補の選挙戦に注目したい。

関連記事

★大和郡山市長選挙:18日(日) 投開票速報を随時更新★

【開票速報・結果】大和郡山市長選挙(市長選) 2017

より多くの皆さんにご覧いただき、より厳しくコンテンツを磨いていくために、ぜひクリックをお願いします。
ブログランキング用バナー
スポンサーリンク

 - 奈良県内選挙, 政治ニュース, 注目選挙, 近畿地方選挙 ,