【桑名市長選-情勢分析】40歳市長、初の改選!2新人との対決やいかに?

   

スポンサーリンク

任期満了に伴う桑名市市長選が20日に告示され、1週間の選挙戦がスタートした。情勢を分析した。

★桑名市長選挙:27日(日)20時~投開票速報を随時更新★

桑名市長選挙 開票速報 2016 当選落選結果


スポンサーリンク

桑名市とは?

「なばなの里」の名物トンネル(出典:Twitter) 三重県桑名市

「なばなの里」の名物トンネル(出典:Twitter)

桑名市(くわなし)は、三重県北部に位置する都市である。

愛知県と岐阜県に接しており、名古屋市から25km圏に位置する。名古屋市のベッドタウンとして宅地開発が進んでいるほか、機械・金属系を中心とする工業都市でもある。

はまぐりの産地としても有名で、市内には老舗から洋食屋に至るまではまぐり専門店が至る所にある。

また、観光資源にも恵まれており、市内の「なばなの里」のウインターイルミネーションはこの時期の名物で、夕方になると家族連れやカップルなどのたくさんの人でごった返す。

40歳市長、初の改選!2新人を迎え撃つ

36歳で当選し、今回初改選となった伊藤氏。(出典:Facebook)

36歳で当選し、今回初改選となった伊藤氏。(出典:Facebook)

今回、2新人を現職が迎え撃つ形になった桑名市長選。現職の伊藤徳宇氏は前回2012年の選挙戦で、当時の現職・水谷元氏に大差で初当選を果たした若い市長だ。

早稲田大学政治経済学部卒業後フジテレビ入社。その後2006年に桑名市議に当選し、順風満帆なキャリアを築いていたが、任期中の2008年に出馬した市長選では、この時は現職の水谷氏に敗れている。

2012年選挙戦で再び現職の水谷氏とあいまみえ、リベンジを果たした。今回2016年選挙戦は、伊藤氏にとって初の「防衛戦」となる改選だ。

桑名市長選 小川満美

「唯一の紅一点」新人・小川満美氏。(出典:小川氏公式Twitter)

そんな現職に挑むのは、元桑名市議で、今回の選挙戦では紅一点の小川満美氏。現市政に対して批判的な立場を取り、

「市長報酬50%カット」「市長退職金ゼロ」などの急進的な行財政改革を訴える。

伊勢新聞に掲載された新人・小林氏。

伊勢新聞に掲載された新人・小林氏。

もう一名の新人は、今月1日に立候補を表明した小林正和氏。介護サービスのNPO法人で理事長を務め、

「人口減少がクローズアップされる中、住環境の整備や企業誘致、子ども医療費の充実、生活弱者に対するセーフティーネットの強化などで選ばれる市を目指したい」としている。

(桑名市長選 NPO法人理事の小林氏が出馬へ /三重|毎日新聞)

桑名市長選、政党の動向は?

桑名市長選に対する政党の動向について、現職の伊藤氏に対して、自民・民進の2党がが推薦を、公明が支持をそれぞれ表明している。

新人の小川氏については、伊勢新聞によると、政党推薦は「考えていない」としており、

(桑名市長選 小川市議が出馬表明 「市民と共に、財政改革を」|伊勢新聞)

自身のキャッチフレーズである「いつも市民派 ずっと無党派」を貫く選挙戦となる様相だ。同じく新人の小林氏も政党の推薦は今回はない。

共産党・社民党などの革新系政党も今回は目立った動きはなく、今回は静観の様子。組織戦では現職の伊藤氏が一歩リードしているようだ。

新人の小川氏・小林氏はどこまで個人で現市政への批判票を巻き込めるかが後半戦もカギになりそうだ。日曜日の開票が注目される。

★桑名市長選挙:27日(日)20時~投開票速報を随時更新★

桑名市長選挙 開票速報 2016 当選落選結果

より多くの皆さんにご覧いただき、より厳しくコンテンツを磨いていくために、ぜひクリックをお願いします。
ブログランキング用バナー
スポンサーリンク

Comments

comments

 - 三重県内選挙, 政治ニュース, 近畿地方選挙, 選挙区・情勢予想 , ,