【候補者の横顔】NPOと公務員の経験を市政へ!茂原市補選・おおがきけいじ候補(無所属・新人)

      2016/05/26

スポンサーリンク

4月24日は、17日に引き続き全国30カ所あまりの自治体で投開票が行われます。また多数の自治体で選挙の告示が行われ、選挙戦がスタートします。

新年度になり新たに首長や議員を決めるべく、全国で多くの選挙が行われます。

政治プレス新聞社では注目候補を特集し、東奔西走と奮闘するそれぞれの候補者の横顔をお届けします。

第9回は千葉県茂原市の無所属・新人で出馬するおおがきけいじ候補。NPOと公務員の経験を市政へ活かそうと試みる、候補者の横顔です。

茂原市議選・候補者の横顔

千葉県庁職員としての経験。農業を通じてまちづくりに向き合う。

今回の選挙に出馬が決まったおおがき候補。(出典:https://www.facebook.com/keiji.ogaki?fref=ts)

今回の選挙に出馬が決まったおおがき候補。(出典:https://www.facebook.com/keiji.ogaki?fref=ts)

おおがき候補は1973年に東京農業大学を卒業後、千葉県庁に入庁。大学時代に培った専門知識を生かして、県職員時代は田んぼや畑の区画整理、道路・排水河川などの整備計画策定といった農業を通じたまちづくりで千葉県庁を定年まで勤め上げました。

スポンサーリンク

草の根の市民活動で、まちづくりに向き合いあった30年余り。

今年3月『社会福祉法人 フローラもばら』での音楽交流のようす(出典:http://oogaki-keiji.seesaa.net/)

今年3月『社会福祉法人 フローラもばら』での音楽交流のようす(出典:http://oogaki-keiji.seesaa.net/)

おおがき候補が仕事の合間を縫って積極的に取り組んできたのは、地域の市民活動。
茂原市長を初めとした県内7市の首長が集ってのフォーラムを開催するなど、茂原市と他の自治体をつなげていく取り組みにも尽力。

とくに音楽については学生時代からファンで、アルバイトを積み重ねて当時高級だったアルトサックスを買うほどの力の入れよう。
自身でも軽音楽協会などを立ち上げたり、震災後は歌手・由紀さおりさんをゲストに招いたコンサートを開催するなど、精力的に活動を展開しました。

「できない」を「できる!」に変える。公務員、市民活動の経験を活かし、熱い思いで走り続ける。

茂原市のまちを走るおおがき候補の選挙カー。(出典:https://www.facebook.com/keiji.ogaki?fref=ts)

茂原市のまちを走るおおがき候補の選挙カー。(出典:https://www.facebook.com/keiji.ogaki?fref=ts)

30年以上、市民団体やNPOとして、地域活性化・まちづくり活動に携わってきたなかで、やはり市民活動単体だけでは自ずと限界があるのではないかという思いを強くしたおおがき候補。また、公務員のキャリアを経験した立場からも、最近の行政課題は、市職員のこれまでの知識や経験にもとづく手法では解決が難しいのではないかと感じていました。そして今回、まちのルールや予算を決めていく「市政」という立場から、新しいまちづくりを試みます。

参考URL

おおがきけいじ候補公式Facebook

おおがきけいじ候補公式ブログ

茂原市議会議員補欠選挙 開票速報 2016
茂原市役所

スポンサーリンク

 - 候補者の横顔, 千葉県内選挙, 関東地方選挙