【参院選2016-栃木-結果速報】自民現職・上野通子氏が当確  野党統一候補・田野辺隆男氏破る

   

スポンサーリンク

参院選 2016 栃木県選挙区 当選落選結果・速報

上野通子氏が当確 野党統一候補・田野辺隆男氏破る

自民現職・上野氏が当確。無所属新人・田野辺氏を破った。

上野氏は安倍政権の成果「景気回復が隅々まで行き渡っていない。もう少し前に進めさせて」と安倍政権の経済政策「アベノミクス」への支持を訴えた。

(【とちぎ参院選】栃木選挙区3候補、県都で最後の訴え きょう投開票|下野新聞)

選挙戦展開について、過去2回の参院選で20万票を獲得した旧「みんなの党」の票の行方が取り沙汰されていた。

自民党は渡辺氏の甥で旧みんなの渡辺美知太郎議員との調整を進め、美知太郎議員は4月に自民党会派入りし、上野候補の応援を表明している。

(【とちぎ参院選・激突の構図】 旧みんな票争奪、与野党で火花|下野新聞)

一方民進党は、元みんなの沖智美氏に出馬を打診し、調整が進めていた。

しかしながら、沖氏が出馬を辞退し、今年2月に元NHK宇都宮支局長で、無所属で出馬予定だった田野辺候補に白羽の矢が立った。

(参院選:栃木選挙区 民主党県連、田野辺氏を推薦へ 沖氏は「辞退」 /栃木|毎日新聞)

田野辺氏は序盤の段階で知名度不足で上野氏に先行されていた。田野辺氏は知名度不足が終始課題になった。

野党共闘にとっては、擁立時期のいかんや、沖氏との調整によって展開が変わっていたかもしれない。無党派層への訴えがウィークポイントとなった選挙だった。

スポンサーリンク

栃木県の関連記事

参議院選挙 栃木県選挙区 開票速報 2016 当選落選結果

【参院選-栃木-情勢速報】自民現職・上野候補が先行 田野辺候補は知名度不足で出遅れ

参議院議員選挙2016_バナー

スポンサーリンク

 - 栃木県内選挙, 注目選挙, 結果速報, 選挙区・情勢予想, 関東地方選挙 , , ,