【船橋市長選-情勢分析】現職・松戸氏と新人・西尾氏、因縁の対決に要注目!

   

スポンサーリンク
船橋市長選 西尾憲一 松戸徹

(出典:西尾けんいちFacebook・もとえ太一郎Twitter)

任期満了に伴う船橋市長選が11日告示され、現職1名・新人3名が立候補を届け出た。動向と情勢を分析した。

★船橋市長選挙:18日(日) 投開票速報を随時更新★

【開票速報・結果】船橋市長選挙(市長選) 2017

船橋市とは?

https://twitter.com/MiharuMay3rd/status/855565108281393152

船橋市(ふなばしし)は、千葉県北西部の葛南地域に位置する市。2012年以降は中核市最大の人口を擁する、千葉の中心自治体の一つ。

船橋は時代ごとのトレンドを上手くつかんで発展してきたまちだ。江戸時代に歌舞伎の影響で成田山信仰がブームになると、寺の参拝客の休憩地として栄え、

川端康成が『船橋は兵隊の町』と語ったように、明治~昭和にかけては軍都習志野の近郊都市として、兵隊・軍属相手の産業が発達した。

関東大震災や太平洋戦争での被害も軽微で、物資もふんだんに集まったことから戦後まもなくは闇市が栄えた。

戦後も経済成長の中で、海岸部埋立地に京葉工業地域が成立。今日の船橋市の発展の基礎を作った。千葉県船橋市在住の「梨の妖精」ふなっしーは非公認キャラクター。

船橋市長選の候補者

左から現職の松戸氏、新人の西尾氏、門田氏。(出典:左からまつど徹HP、西尾けんいちFacebook・門田正則HP。薮内氏の写真はありませんでした。)

宍粟市長選挙に出馬するのは、初改選をめざす現職の松戸徹氏と、県議の西尾憲一氏、元市議の門田正則氏、日本画家の薮内好氏だ。

現職の松戸氏は千葉県八千代市出身。東京理科大卒業後、船橋市役所に採用される。市長公室長、副市長を経て、2013年の市長選で初当選を果たした。

県議の西尾憲一氏は石川県金沢市生まれ。早稲田大学を卒業後、議員秘書などを経て1995年に船橋市議選、1999年には県議選にそれぞれ初当選。県議選は以降4選。

2013年船橋市議選に出馬したが、当時の藤田市長に後継指名を受けていた松戸氏と5,000票差で敗れた。

門田正則氏は元市議。平成3年~19年にかけて、合計3期を務めた。市長選は3回連続での挑戦となる。

薮内好氏は日本画家で、大学を卒業後、市内中学校で美術教師を、2005年からの10年間は千葉大学で講師を務めた。市民団体「明るい船橋民主市政の会」の擁立候補で、共産党が推薦する。

スポンサーリンク

市長選の見どころ

現職・松戸氏と新人・西尾氏の対決に注目

開票結果一覧
得票順 候補者氏名(通称名) 得票数
1 当選 まつど 徹 57,549
2 西尾 けんいち 52,060
3 さいとう 和子 18,054
4 野やしき いとこ 17,460
5 安藤 のぶひろ 15,336
6 かどた 正則 4,716

出典:船橋市選挙管理委員会

現新4氏が出馬する船橋市長選挙だが、現職の松戸氏と新人の西尾氏の実質一騎打ちとみても良さそうだ。

前回2013年市長選で、西尾氏は松戸氏に約5,000票差まで肉薄。惜しくも敗れた。

共産が推薦する薮内氏が約18,000票、門田氏が5,000票をそれぞれ獲得するにしても、前回野屋敷・安藤の両候補が獲得した計32,000票の行方を争うことになる。

あくまでも現職有利 西尾氏は「みんな」のつながりの弱まりが懸念

とはいえ、自民・民進・公明といった主要政党の推薦を軒並み受け、普段から露出の高い現職の有利は依然変わらない。

また、西尾氏は2013年市長選では市議会会派みんなの党の支援を受けたが、同党は2014年に解党。

西尾氏は補欠選挙に出馬する、旧みんなの党所属議員の秘書を務めた安田欣司氏と二人三脚で活動を続けているが、果たしてどうなるか。

引き続き、大都市・船橋市のリーダーを決める選挙戦に注目していきたい。

関連記事

★船橋市長選挙:18日(日) 投開票速報を随時更新★

【開票速報・結果】船橋市長選挙(市長選) 2017

より多くの皆さんにご覧いただき、より厳しくコンテンツを磨いていくために、ぜひクリックをお願いします。
ブログランキング用バナー
スポンサーリンク

 - 千葉県内選挙, 政治ニュース, 注目選挙, 関東地方選挙 ,