【太田市長選-情勢分析】高まる多選批判、現職・清水氏は今回も綱渡り選挙か

   

スポンサーリンク
(出典:Twitter[@ryusan123 ]、市川氏・阿部氏Facebook)

(出典:Twitter[@ryusan123 ]、市川氏・阿部氏Facebook)

任期満了に伴う太田市長選が2日告示され、現新3名が立候補を届け出た。動向と情勢を分析した。

★太田市長選挙:9日(日)20時~投開票速報を随時更新★

【開票速報・結果】太田市長選挙(市長選) 2017

北関東有数の工業地帯 全国有数の国際化都市

太田市(おおたし)は、関東地方の北部、群馬県南東部(東毛)にある人口約22万人で、群馬県では前橋市・高崎市に次ぐ規模のまちだ。

スバルのお膝元であり、北関東随一の工業都市である。製造業が盛んなことから、

労働力の担い手としてブラジル人をはじめとした外国人が多く居住する。太田市と、隣接する伊勢崎市の外国人人口の合計は1万8000人超と、

人口に対する外国人人口の比率は全国平均のほぼ3倍にのぼっている。北関東有数の工業都市は、全国有数の国際化都市でもある。

太田市長選挙の候補者

左から現職の清水氏と、新人の市川氏、新人の阿部氏。(出典:清水氏Twitter、市川氏・阿部氏Facebook)

太田市長選挙に出馬するのは、3選を狙う現職の清水聖義氏と、元市議で新人の市川隆康氏、元県議で新人の阿部知世氏だ。

現職の清水聖義氏は太田高校を経て、慶應義塾大学商学部卒業。太田市議会議員・群馬県議会議員3期等を経て、

1995年に太田市長選挙に無所属で出馬し、それ以来当選を続けて長期にわたり市政を支配している。

対する新人の市川隆康氏は大泉高校を卒業後、農業経営を開始。

1999年に合併前の太田市議選に出馬し、初当選を果たした。合併後の新市では、2017年の辞職まで3期目をつとめた。

同じく新人で紅一点の阿部知世氏は、早稲田大学政治経済学部・横浜国立大学工学部を卒業後、市民団体の活動に従事し、「八ッ場ダムを考える市民の会おおた」代表等を経て、

2007年に当時の民主党から群馬県議選に出馬し、初当選。3選となった前回2015年選挙では、13,745票を獲得しトップ当選を果たした。いわばリベラルの若き旗手だ。

スポンサーリンク

選挙の見どころ

6期24年!?それは「実績」?それとも「選ばれすぎ」?

清水聖義 太田市

公務中の現職の清水氏。(出典:Twitter[@ryusan123 ])

現職の清水氏は、合併前の旧太田市で3期を務め、合併後の太田市で3期を務めている。通算するとなんと6期24年だ。

新人の市川氏は清水氏を「師と仰いできた」としながらも「市民の声が届いていない」として、

同じく新人の阿部氏も「新しい体制で、新しい時代を作っていくべきだ」として企業の人材確保や第1子からの給食費無料化を訴え、現職への批判票を取り込みたい考えだ。

意外と危ない市長の基盤

2013年太田市長選挙

届出番号 候補者氏名 得票数
1 秋山 かずお 31,920
2 清水 まさよし 47,595
3 茂木 みどり 1,431

2009年太田市長選挙

届出番号 候補者氏名 得票数
1 清水 まさよし 41,708
2 長谷川 かいち 22,295
3 長沼 ひろむ 9,437
3 秋山 一男 27,218

2005年太田市長選挙

届出番号 候補者氏名 得票数
1 恩田 こうえつ 3,744
2 秋山 一男 43,153
3 清水 まさよし 47,263

(出典:太田市選挙管理委員会HPより)

6選と選挙の強さを誇る清水市だが、過去の選挙では必ずしも余裕綽々での当選とはいかなかったようだ。

合併後の新市政での3選挙を振り返ると、特に2005年の市長選では次点の秋山氏と約4000票(有効得票数のうち約4%)と、僅差まで迫られている。

今回の市長選で、「現市制継続反対」「市政刷新」を掲げている市川氏・阿部氏の支持拡大によっては、市長の座を明け渡す展開も大いにありえる。終盤も情勢を注視したい。

関連記事

★太田市長選挙:9日(日)20時~投開票速報を随時更新★

【開票速報・結果】太田市長選挙(市長選) 2017

より多くの皆さんにご覧いただき、より厳しくコンテンツを磨いていくために、ぜひクリックをお願いします。
ブログランキング用バナー
スポンサーリンク

 - 山口県内選挙, 政治ニュース, 群馬県内選挙, 選挙区・情勢予想, 関東地方選挙 , ,