渡部泰山山形大学教授対談(新庄市長選)-聞き手油川洋

      2016/05/26

スポンサーリンク

2015年9月13日投開票の新庄市長選挙候補、渡部泰山山形大学教授陣営にお話をお聞きしました。

記者「本日はよろしくお願いいたします。まずは今回の選挙の争点、渡部陣営の考えではどうとらえていますか?」

陣営幹部「8年間の山尾市政により、財政再建に一定の成果が出たということは評価していますが、それは市民サービスを大きく削り市民に我慢をさせたというだけで停滞感が否めません。そこで市民参加型の市政を推進できるか否かが、争点になると考えています。」

記者「渡部候補の考える政策についてお聞きしたいと思います。」

陣営幹部「そうですね。ひとつは"市政の透明化"です。山尾市政に対してその不透明な意思決定への不満について、市政が市民や役所からも聞こえてきます。市民や有能な役人がもっと参加できる市政の実現が渡部の政策の一つです。もう一つは、"道の駅"の建設です。箱もの行政への批判という声もありますが、最上郡の全市町村がスクラムを組み、それぞれの特性を生かした道の駅を、高速道路の新庄への延伸を3年後に控えた今、推し進めていきたいと考えます。」

記者「最後に、渡部候補の人とのなりをお聞きしたく。」

陣営幹部「私は彼と高校からの同級生で、いえね、その頃はあまり彼と触れ合う機会はありませんでしたが。彼の教育者としての持ち味、"人の良さを活かす"ところででは教育者らしい強みは誰にも負けないものと感じます。」

記者「有難うございました!」

スポンサーリンク

渡辺候補の市政への思い。対談-聞き手 油川洋

スポンサーリンク

Comments

comments

 - インタビュー, 山形県内選挙, 東北地方選挙