【参院選2016-北海道-結果速報】「肉を切らせて骨を断つ」民進2議席獲得で改選制す

      2016/07/13

スポンサーリンク

参院選 2016 北海道選挙区 当選落選結果・速報

氏名 年齢 党派 職業 新/現/元 得票数 当落
1 柿木 克弘 48 自由民主党 482,688
2 鉢呂 吉雄 68 民進党 491,129 当選 
3 長谷川 岳 45 自由民主党 648,269  当選
 4 水越 寛陽 36 無所属 12,944  
5 佐藤 和夫 69 日本のこころを大切にする党 34,092  
6 徳永 エリ 54 民進党 559,996 当選 
7 森 英士 38 日本共産党 239,564
 8 森山 佳則 49 幸福実現党 21,006
9 中村 治 63 支持政党なし 29,072
10 飯田 佳宏 43 無所属 26,686

参院選 2016 北海道選挙区 それぞれの選挙戦展開

長谷川岳氏がトップ当選

参院選2016 北海道 長谷川岳候補

トップ当選で再選を果たした長谷川岳候補(出典:自民党道連HP)

定数3の北海道選挙区は混戦模様が続いたが、終盤で抜け出した自民現職の長谷川岳氏が約65万票を獲得し、トップ当選を果たした。

長谷川氏は地盤である大票田・札幌で経済界にアピールするとともに、総務省政務官などを務めた6年間の実績と地方の定住人口減少対策や交流人口の確保・1次産業の強化などを訴え、幅広い支持層を勝ち取った。

徳永エリ・鉢呂吉雄の2氏当選 2議席を勝ち取ったのは民進

トップ当選は自民党に譲ったものの、定数2から3に増員となった北海道で2つの議席を勝ち取ったのは民進党。

唯一の女性候補となった現職の徳永氏は、貧困や格差の解消、子育て環境の充実や改憲反対などを訴えた。連合北海道や道農民連盟などの全面支援のもと、組織固めを徹底し、支持を広げた。

元職の鉢呂氏は3年半ぶりの政界復帰となった。北海道選挙区の増員を受け、岡田代表直々の要請で出馬した鉢呂氏は強固な支持基盤がなく当選を不安視する声もあったが、高い知名度で3議席目に滑り込んだ。

自民新人・柿木克弘氏は惜敗…わずか8000票差に泣く

一方、自民党が「2人目」として擁立した新人・柿木候補は、惜しくも3位当選の鉢呂氏と約8000票の差で涙をのんだ。

柿木氏は県議を務めた実績をアピール。しかしながら知名度不足が終始課題となり、苦しんだ。

自民党は柿木氏を重点候補に指定し、鈴木宗男氏が党首を務める地域政党「新党大地」の推薦を唯一受けさせ、

小泉信次郎氏といった応援弁士を積極的に投入してこ入れを図ったが、わずかあと一歩のところで及ばなかった。

共産新人で議席争いに絡んでいた森候補は、同党支持者をまとめたものの、広がりに欠いた。

参院選 2016 北海道選挙区

定数増となった北海道選挙区。改選定数3のうち、民進の2候補が当選し、2議席を獲得した。

トップ当選こそ自民現職・長谷川氏に譲ったが、定数増となった議席争いを制したのは民進だった。

全国的に、民進党が45から31に大幅に議席を減らした中での北海道の健闘は、党勢復活の足掛かりとなるか。注目がなされる。

スポンサーリンク

北海道の関連記事

参議院選挙 北海道選挙区 開票速報 2016 当選落選結果

【参院選-北海道・東北-情勢速報】混戦の北海道。秋田・青森は与野党が競る。山形と宮城・岩手・福島の被災3県では野党先行。

参議院議員選挙2016_バナー

スポンサーリンク

Comments

comments

 - 北海道地方選挙, 注目選挙, 結果速報, 選挙区・情勢予想 , , , , ,