【参院選情勢速報】大混戦の北海道。与野党で対決の機運高まる。

      2016/07/08

スポンサーリンク

参院選2016・情勢予想(北海道)

7月10日投開票(6月22日公示)が迫った第24回参議院選挙。政治プレス新聞社では第24回参議院選挙の候補者の顔ぶれや、情勢予想をお届けします。

北海道選挙区-予想される候補者一覧

(1)長谷川 岳 候補(自民・現職)

(2)柿木 克弘 候補(自民・新人)

(3)徳永 エリ 候補(民進・現職)

(4)鉢呂 吉雄 候補(民進・新人)

(5)森 英士 候補(共産・新人)

(6)森山 佳則 候補(幸福・新人)

(7)佐藤 和夫 候補(こころ・新人)

(8)中村 治 候補(支持なし党員・新人)

(9)飯田 佳宏 候補(無所属・新人)

(10)水越 寛陽 候補(無所属・新人)

スポンサーリンク

各候補者の論評

今回2人区から3人区になり、諸派を含めて10人が出馬。公示前1週間を切り、北海道選挙区は大混戦の様相を呈している。

とくに地元北海道で注目度が高いのは、長谷川・柿木の自民2候補、徳永・鉢呂の民進2候補、共産の森候補の3党5候補だ。

今回の選挙では、3人区になった北海道選挙区において与野党がそれぞれどれだけの議席を獲得できるかに注目が集まっている。

今回1人区を中心に野党共闘を行う民進党・共産党だが、北海道選挙区においてはそれぞれ候補者を出す。

鉢呂候補は野田政権時に経済産業大臣を務めた人物だ。2014年衆院選の結果を踏まえ、政界を引退していたが、このたび岡田代表肝いりの声掛けで政界復帰を再びめざすことになった。

民進党から2名の候補者と議席を争う状況であるが、共産の新人・森候補は「北海道の野党は幸い、改選数3に3候補が出るから矛盾はない。自民党候補を1人も当選させない」と意気込みを語った。

(公開討論会 安倍政権評価で対立|北海道新聞)

無所属を含めた5諸派は混戦の模様

無所属2名を含めた5諸派は混戦の模様だ。

森山候補は幸福から新人で出馬する。候補者の中で唯一の減税政党として、北海道を広域に企業・団体回りを行い、PRする。

日本のこころを大切にする党(以下、こころ)からは、8日公認候補として佐藤 和夫 候補が出馬することが決まった。佐藤候補は元陸自で、現在は政治経済専門Web放送のAJERでキャスターを務める。

政治団体「支持政党なし」から出馬するのは中村候補。「選挙に関心を持ってもらい、投票率を上げたい」と抱負を述べる。

「支持政党なし」は平成26年12月の衆院選比例代表北海道ブロックでは、約10万票を獲得。同ブロックにおいて、一部野党より多い得票を獲得する結果となり、話題を呼んだ。

無所属は2候補が出馬。飯田候補は当時維新の党に所属していた元衆議院議員・高橋美穂氏の公設秘書を務めた。水越候補は、芦別市在住の僧侶。「地域と国のパイプ役」を買って出る。

10人の候補者が3人の議席を争う北海道。10名の候補者の舌戦と、自民と民進・共産の野党共闘の議席の獲得数が注目される。

参議院選挙 北海道選挙区 開票速報 2016 当選落選結果

参議院議員選挙2016_バナー

スポンサーリンク

 - 北海道地方選挙, 参議院議員選挙2016, 注目選挙, 選挙区・情勢予想 ,