首相トランプ米大統領と北朝鮮問題で電話会談

   

スポンサーリンク

安倍首相は9日、米中会談後の米トランプ大統領と電話会談を行った。

首相官邸で行われた今日の電話会談は45分行われ、電話会談後官邸で記者会見を行った安倍首相は、「先ほど、トランプ大統領と電話による日米首脳会談を行いました。米中首脳会談直後という大変慌ただしい中ではありましたが、約45分にわたってシリアについて、また、北朝鮮について率直な意見交換を行うことができました。
私からは、トランプ大統領が正に同盟国あるいは世界の平和と安全のために強いコミットメントをしていることに対して高く評価いたしました。また北朝鮮については、中国の対応を大変注目をしていること、そして日米が協力して対応していくことが重要であり緊密に連携していくことが大変重要であるということ、また日米韓の結束が重要であるということについて、完全に一致いたしました。」と述べ、シリア・北朝鮮問題についての共同歩調を改めて確認した会談となったことを強調した。

トランプ大統領との電話会談を終え、記者団との会見に応じる安倍首相(9日)。

トランプ大統領との電話会談を終え、記者団との会見に応じる安倍首相(9日)。

8日には核実験の実施を示唆する北朝鮮との緊張へ備えるため、米海軍の原子力空母カール・ビンソンがシンガポールより朝鮮半島に向かったとロイター通信が報じ、朝鮮半島情勢の緊迫はさらに予断を許さない段階となっている。

 - ヘッドライン, 政治ニュース