韓国国会朴大統領弾劾可決-職務停止へ

   

スポンサーリンク

ソウル9日-韓国国会は朴槿恵大統領の、友人による国政介入など一連の不正疑惑を受けての弾劾訴追案を可決し、朴大統領は大統領としての職務を停止することになった。この決議を受けて憲法裁判所は、朴大統領の罷免か回復かを決める審議に入る。

韓国国会は9日、朴大統領の弾劾訴追決議を可決し、朴大統領の職務停止が決まった。

韓国国会は9日、朴大統領の弾劾訴追決議を可決し、朴大統領の職務停止が決まった。

憲法裁判所の決定までの間は、黄首相が執務にあたることになる。

現地メディアは速報で弾劾決議の結果を伝える一方Twitterなどでは怒りや期待を交えた多くの声が入り乱れ、韓国国内の政治・経済のますますの懸念を危惧する声が大きくなっている。

Comments

comments

 - ヘッドライン, 国際ニュース