韓国・朴槿恵大統領、4月退陣か 与党代表と会談 他

   

スポンサーリンク

現地報道によると、韓国の朴槿恵大統領は6日、来年4月末の辞任を受け入れる意向を示しました。各分野のニュースを一目でチェック!

【政治】韓国・朴槿恵大統領、4月退陣か 与党代表と会談

韓国・朴槿恵(パク・クネ)大統領

韓国・朴槿恵大統領

韓国の朴槿恵大統領は6日、親友の崔順実被告による国政介入疑惑をめぐって、

与党セヌリ党の代表らと大統領府で会談し、来年4月末の辞任と6月末の次期大統領選実施の退陣スケジュールを受け入れる意向を示した。

韓国・朴槿恵大統領、4月退陣か 与党代表と会談

【経済】“タワーマンション課税”見直し案固まる

kousou_building

タワーマンションにかかる固定資産税の見直し案が固まった。中間の階を起点として1階上がれば固定資産税が0.25%増税に、1階下がれば0.25%減税となる。

(出典:“タワーマンション課税”見直し案固まる|日テレNEWS24)

【連載】検証・トランプ政権とイスラム国|トランプはどうジハーディストの脅威に立ち向かうのか?(下)

Donald_Trump_August_19,_2015_(cropped)

トランプ氏は米国第一主義で、米国の国益にならないことには非常に消極的な姿勢を示す一方、その安全を脅かす脅威などについては断固とした姿勢で臨むことが予想される。

オバマ氏も2011年5月にアルカイダの指導者ビンラディン容疑者を殺害することに成功するなど、ジハーディストグループに対しては厳しく対応してきたが、

中東を中心に欧米やアジア、アフリカでの“テロの拡散”、さらにいえば“テロのトランスナショナル化”に拍車を掛けることになった。

検証・トランプ政権とイスラム国|トランプはどうジハーディストの脅威に立ち向かうのか?(下)

スポンサーリンク

 - ヘッドライン, 政治ニュース