今週の選挙見どころと情勢-各務原市議選,飯塚市長選など[2月26日]

   

スポンサーリンク

2月26日投開票、今週の選挙は各務原市議選、白山市議選、飯塚市長選など注目の選挙を中心に15余り。

各務原市議会議員選挙-定数24に対し29人立候補の大混戦

【各務原市議選-情勢分析】白熱の市議選は、衆院選と春の市長選との関係に要注目!

各務原市議選は定数24の椅子を29人で奪い合う大混戦の様相だ。

中でも元職2氏の凱旋への鼻息は荒い。現職議員もあぐらをかいていられない、中位は接戦となることが予想される。

また、春の市長選をにらみ、今回の市議選はその前哨戦としても位置付けられる。浅野健司現市長への包囲網がどこまで市議レベルで狭まるのか、はたまた現市長再選盤石の結果となるのか、各務原の向こう4年の市政を占う一連の選挙のスタートと言える。

各候補の舌戦の様子はSNSでも広く拡散されている。

厳しい選挙戦に各候補は最後まで支援を呼びかけた(〜2/25)

白山市議会議員選挙-ほぼ順当レースの無風状態

一方、ほぼ同じ人口10万人強の白山市議選は波乱の少な無風状態だ。

与党・保守系地盤が根付いている石川の土地柄か、政権野党系は「議席の死守」または「微増」を狙った手堅い選挙戦を進めているため、ほぼ順当な選挙戦展開となりそうだ。

【白山市議選-情勢分析】自民一強の「無理ゲー」に民進・共産は及び腰?

現職議員たちにとっては有難い話ではあるが、今回の改選で注目されるのは「投票率」。

順当な改選であっても、極めて低い投票率で市民の関心の薄さが透けて見える結果となれば、市政の活性化とは程遠い、市民にとってさらに”静かな不満の残る”流れを持っての、次期衆院解散を伺うことになり、近い選挙での大波乱が予想される。

スポンサーリンク

飯塚市長選-”賭け麻雀市長のまち"汚名返上をうらなう選挙

【飯塚市長選-情勢分析】「飯塚=マージャン」からの脱皮なるか?政治とモラル問う一戦に

飯塚市長選では、なんといっても「賭け麻雀問題」の市政腐敗のイメージを払拭できるか?が一番の焦点になっている。

ただでさえ、産業の衰退と高齢化率が叫ばれている飯塚市では、市民サービスの向上と産業振興など喫緊の課題は山積している状態だ。投票率の伸びと、市民の関心が期待される。


ほか、26日投開票は柳生市長選挙、南阿蘇村長&村議ダブル選、吉野町議、大紀町議、川俣町長選&町議補選など。

※政治プレス紙面では本日夜6時頃より、白山市開票所現地中継などとつなぎ、投開票状況をリアルタイム配信いたします。

【開票速報・結果】各務原市議会議員選挙(市議選) 2017

【開票速報・結果】白山市議会議員選挙(市議選) 2017

【開票速報・結果】飯塚市長選挙(市長選) 2017

スポンサーリンク

 

 - ヘッドライン, 政治ニュース, 注目選挙