【民進党代表選2016 結果速報】蓮舫氏当選 初の女性代表誕生へ

   

スポンサーリンク

2016 民進党代表選挙 当選落選結果・速報

氏名 年齢 所属グループ  役職 新/現/元 得票ポイント数 当落
1  蓮舫  48  花斉会(野田G)  参議院議員(党代表代行)  新  503  当選
2  前原 誠司  54  凌雲会(前原G)  衆議院議員(党ネクスト財務・
金融担当大臣)
 元  230
3 玉木 雄一郎  47  衆議院議員(国対副委員長・香川県連会長)  新  116
スポンサーリンク

2016 民進党代表選 それぞれの選挙戦展開

岡田代表の任期満了に伴い行われた民進党代表選。岡田氏の党執行部路線を継承する者として蓮舫氏が、

また野党共闘などを見直す立場として党内保守派から前原誠司氏が、そして若手の第三極として衆院当選3回の玉木雄一郎氏が名乗りを上げた。

党勢が衰えつつある民進党にとって、今回が存在感を示し、第2政党として体制を立て直すまたとない機会となった代表選。

憲法9条改正や野党共闘などについて議論を戦わせた。

蓮舫氏当選 党史初の女性リーダーに

蓮舫氏の二重国籍問題が取りざたされるなど波乱含みの展開ではあったが、

当初の予想通り蓮舫氏が国会議員・地方票の過半数を獲得し、当選した。

対抗する前原氏・玉木氏が国会議員票の獲得に力を入れる中、地方票の獲得に力を入れ15日の投開票での当選を確実にした蓮舫氏。

世界的に女性リーダーが台頭する流れも追い風にして、代表の座を勝ち取った。

スポンサーリンク

民進党代表選挙の関連記事

★ランキングに参加しています
より多くの皆さんにご覧いただき、より厳しくコンテンツを磨いていくために、ぜひクリックをお願いします。
選挙・選挙制度関連サイト

民進党代表選挙 開票速報 2016 当選落選結果

【情勢分析・民進党代表選】野党共闘のキーマン・共産党は、代表選をどう見るか。

スポンサーリンク

 - 政治ニュース, 注目選挙, 結果速報 , , , ,