【分析】学生の仕送り減少から見る、進路選択と消費行動の問題

      2016/05/26

スポンサーリンク

【分析】学生の仕送り減から見える、進路選択と消費行動の問題

東京私大教連の6日の発表によると、首都圏周辺の私立大学に昨春入学した学生のうち、自宅外から通学する学生への仕送りは月額8万6700円となり、15年連続で減りました。家賃を除いた1日当たりの生活費は850円。1986年度以降で過去最低を更新しました。家賃に充てられるのは6万1200円で、仕送り全体に占める割合が初めて7割を超えました。

スポンサーリンク

首都圏の私大生への仕送りと暮らしについて

仕送りは月額8万6700円、過去最低の記録を更新。

「6月以降の仕送り額(月平均)」の推移 (出典:東京私大教連 家計負担調査 http://www.tfpu.or.jp/2015kakeihutan-chousa-essence20160406.pdf)

「6月以降の仕送り額(月平均)」の推移
(出典:東京私大教連 家計負担調査 http://www.tfpu.or.jp/2015kakeihutan-chousa-essence20160406.pdf)

東京私大教連の6日の発表によると、自宅外通学生(下宿生や寮生など)への仕送りは月額8万6700円と15年連続で減少、過去最低を更新しました。

首都圏の私大生のくらす部屋の家賃について

首都圏の私大生のくらす部屋の家賃の平均は、6万1200円となり前年度比400円減少。仕送り額8万6700円に占める割合は70.6%で過去最高となり、仕送り額に占める割合は初めて7割を超えました。

「6月以降の仕送り額(月平均)」に占める「家賃の割合」の推移(出典:東京私大教連 家計負担調査 http://www.tfpu.or.jp/2015kakeihutan-chousa-essence20160406.pdf)

「6月以降の仕送り額(月平均)」に占める「家賃の割合」の推移(出典:東京私大教連 家計負担調査 http://www.tfpu.or.jp/2015kakeihutan-chousa-essence20160406.pdf)

スポンサーリンク

次ページ:全国の大学生の仕送りと暮らしについて

Comments

comments

1 2 3 4

 - 経済ニュース