カドカワの通信制「N高校」入学式 特色とこれからの課題とは?

      2016/10/12

スポンサーリンク
出典:N高等学校公式サイト(https://nnn.ed.jp/)

出典:N高等学校公式サイト(https://nnn.ed.jp/)

カドカワが4月に開校した学校法人角川ドワンゴ学園「N高校」の入学式が6日、沖縄・伊計島の同校本校と東京・六本木のイベントスペース「ニコファーレ」の2会場で開かれました。式では奥平博一校長が本校から「やりたいことを思い切りやってもらえる学校を目指します。今日が船出。一緒にがんばりましょう」とあいさつ。入学式の様子は、生徒約90人と保護者らが東京会場の式に参加したほか、約1000人がネット中継を視聴した。

角川ドワンゴ学園「N高校」の特色

ニコニコ動画のノウハウを生かした「VR入学式」、ドラクエ舞台に「ネット遠足」

スポンサーリンク

カドカワのノウハウを生かした講師陣

N高校はコースごとのカリキュラムを設けています。大学進学を目指す生徒のための「大学進学授業」コースでは中久喜匠太郎氏や坂田アキラ氏など、代々木ゼミナール・東進ハイスクールといった有名予備校での実績を持つ講師陣が教鞭をとります。

リーズナブルな学費

ベネッセHDによると、受験料・入学金・授業料を含む学校教育費・学校外活動費を3年分合わせると、公立高校では116.8万円、私立高校では306~318万円になるとされています。
(出典:高校3年間でかかるお金は?受験費〜学費まで http://benesse.jp/kyouiku/201411/20141110-5.html)
N高校の学費は29万円ほどと、公立高校の約4分の1、私立高校の10分の1程度になっています。

角川ドワンゴ学園「N高校」のこれからの課題

角川ドワンゴが肝いりで手がける「N高校」ですが、現時点では批判的な見方も少なくありません。3年後以降、卒業した生徒たちがどう活躍していくか、注視する必要がありそうです。

批判的な意見も多い「N高校」

求められる3年目以降の結果

スポンサーリンク

 - 経済ニュース