「充電できる電車」 京王電鉄が2018年春導入へ

      2016/05/26

スポンサーリンク
「充電できる電車」 京王電鉄が2018年春導入へ

出典:京王グループ公式サイト(http://www.keio.co.jp/)

3月16日、京王電鉄は2018年春より、同社初めての座席指定列車の運転を開始することを発表しました。

並んで座る通勤電車スタイルのロングシートと、2人がけのクロスシートの両方に転換できる座席を採用した新型車両「5000系」によって、夜間の帰宅時間帯に下り列車として運行。長距離通勤の利用者のニーズに対応します。

SNS上では、充電のできる車両に期待をする声が高まりました。電車でのスマートフォン利用の状況と合わせて、このニュースを見てみましょう。

Twitter利用者の反応

あいつぐ喜びの声

 

スポンサーリンク

電車で充電がなくなってしまう人は、少なくない?

手持ちぶさたになる移動中。ついついスマートフォンを触ってしまいますよね……。

 

競合する他の路線の動きを指摘する声も。

 

インバウンド効果で増益があいつぐ各社。さらなる再投資により、飛躍をねらう?

2015年、私鉄各社は相次いで増益となりました。高尾山を擁する京王電鉄も、ここで得た利益を再投資し、インバウンド向け・国内通勤者向けに付加価値の高いサービスを提供していくとみられます。

スポンサーリンク

Comments

comments

 - 経済ニュース