米ヤフーが10億人の個人情報流出みとめる 2013年サイバー攻撃で

   

スポンサーリンク

Yahoo! ロゴ サイバー攻撃

米検索大手のヤフーは、2013年8月に同社にサイバー攻撃があり、10億人を超える利用者のアカウントの個人情報が流出したと発表した。同社では最大規模のサイバー攻撃となる。

ヤフーは9月に2014年に5億人の利用者の個人情報に対する大規模なサイバー攻撃があったと公開したばかり。

ベライゾン社との交渉への影響は?

verizon ベライゾン・インターナショナル

同社は業績低迷から人員整理を進め、ネット事業の売却を米通信大手のベライゾン・コミュニケーションズと進めていた。

ヤフー側は、本件はベライゾン社への事業売却に何ら支障はないとしている。

米国の暗号解析・セキュリティの専門家のブルース・シュナイアー氏は

「ヤフーはセキュリティを軽視しており、今回の事件でそのことが明るみになりました。今後(セキュリティ面で)ヤフーを信頼を置くのは難しくなるでしょう。」とメディアに語った。

スポンサーリンク

 - 経済ニュース , , ,