【参院選2016-岡山-結果速報】「ハーフ美人」自民・小野田氏が当選 江田氏後継を下す

   

スポンサーリンク

参院選 2016 岡山県選挙区 当選落選結果・速報

氏名 年齢 党派 職業 新/現/元 得票数 当落
1 小野田 紀美 33 自由民主党 437,347  当選
2 田部 雄治 40 幸福実現党 20,378
3 黒石 健太郎 32 民進党 329,501

参院選 2016 岡山県選挙区 それぞれのドラマ

「ハーフ美人候補」の自民・小野田氏が初当選 圧巻の組織戦

定数1の岡山選挙区。

「ハーフ美人候補」として話題となった自民新人・小野田紀美氏が初当選を飾った。

岡山出身ではあるものの東京都北区議からの転身で、落下傘候補となった小野田氏。

当初、知名度不足が懸念されていたが、自民の圧倒的な組織力でカバー。

出馬表明で出遅れた民進新人の黒石健太郎氏を序盤からリードした。

今回改選の議席は、県内の衆参選挙区で唯一「非自民」の議席となっていた。

今期限りでの引退を表明した民進の重鎮・江田五月氏が守り続けてきた議席なだけに、自民、民進ともに重要視。

しかし、江田氏が持つ参院の椅子は、自民・小野田氏の手に渡ることとなった。


【Facebook 新人ながら徹底した組織戦を展開した小野田氏だが、街頭演説にも力を入れた】

スポンサーリンク

後継の黒石氏、江田氏の議席守れず 出遅れが影響か

江田氏の後継として擁立された民進新人・黒石健太郎氏。

「江田氏の後継」であることを前面に出しながら、「改憲勢力による3分の2」阻止を強く訴え、終盤には無党派層への浸透を狙った黒石氏。

しかし、出馬表明の遅れと知名度不足が最後まで尾を引き、小野田氏を巻き返せなかった。

【Facebook 「クロケン」の呼び名で浸透を狙った黒石氏】

関連記事

参議院選挙 岡山県選挙区 開票速報 2016 当選落選結果

【参院選-岡山-情勢速報】「美人候補」対「若手ホープ」の注目対決 自民先行も、終盤では接戦か

参議院議員選挙2016_バナー

スポンサーリンク

Comments

comments

 - 中国地方選挙, 岡山県内選挙, 注目選挙, 結果速報, 選挙区・情勢予想 , , ,