【候補者の横顔】「市政に女性を!」国際派ママ議員、2期目へ。上越市議選・さくらば節子候補(無所属・現職)

      2016/05/26

スポンサーリンク

4月24日は、17日に引き続き全国30カ所あまりの自治体で投開票が行われます。また多数の自治体で選挙の告示が行われ、選挙戦がスタートします。

新年度になり新たに首長や議員を決めるべく、全国で多くの選挙が行われます。

政治プレス新聞社では注目候補を特集し、東奔西走と奮闘するそれぞれの候補者の横顔をお届けします。

第12回は新潟県上越市の無所属・現職で出馬するさくらば節子候補を特集します。

(出典:https://www.facebook.com/setsuko.sakuraba.58)

(出典:https://www.facebook.com/setsuko.sakuraba.58)

上越市議選・候補者の横顔

上越市きっての国際派。楽しい英語教室で、子どもたちもニコニコ笑顔に。

アメリカ在住時のさくらば候補。息子さんと一緒に(2004年頃 出典:https://www.facebook.com/setsuko.sakuraba.58)

アメリカ在住時のさくらば候補。息子さんと一緒に(2004年頃 出典:https://www.facebook.com/setsuko.sakuraba.58)

さくらば候補は2012年当選。新潟大学時代にアメリカに渡り、以降20年以上に渡ってアメリカで過ごした、議会きっての国際派。
英語の先生としての経験も重ねたさくらば候補でしたが、自身のそんな持ち味を生かして、
過疎化が進む牧区においての子どもたちへの学習支援「Kidsと英語でボランティア」をスタート。
毎週1回、地域の施設を使って40分のレッスンと宿題タイムを開催。
中でも、毎年ある「ハローウィンパーティ」「クリスマスボランティアと学習発表会」は
子どもたちが毎年楽しみにしている催し物。子どもたちのとびきりの笑顔に出会えます。

「Kidsと英語でボランティア」ハロウィーンパーティーにて。男の子のはじけるような笑顔!(出典:https://www.facebook.com/setsuko.sakuraba.58)

「Kidsと英語でボランティア」ハロウィーンパーティにて。男の子のはじけるような笑顔!(出典:https://www.facebook.com/setsuko.sakuraba.58)

「Kidsと英語でボランティア」ハロウィーンパーティーにて。オリジナルの仮装にも本格的?(出典:https://www.facebook.com/setsuko.sakuraba.58)

「Kidsと英語でボランティア」ハロウィーンパーティにて。オリジナルの仮装もかなり本格的?(出典:https://www.facebook.com/setsuko.sakuraba.58)

現在は牧小学校の児童の3分の1が参加する、地域でもよく知られる取り組みに成長。
友達といっしょに勉強したり、遊んだりできる環境は、子どもたちにとっても特別な場になりつつあります。

スポンサーリンク

母として、女性として、家族として。地域で女性が輝ける施策のために奮闘。

「ママのきもち@上越」にて(中央・左)(出典:https://www.facebook.com/setsuko.sakuraba.58)

「ママのきもち@上越」にて。(中央・左 出典:https://www.facebook.com/setsuko.sakuraba.58)

お母さんでもあるさくらば候補が力を入れた政策のひとつが、子育てに苦労する女性たちに寄り添う支援でした。
平成27年度に始まった「ママのきもち@上越」では、ワークショップを通じてお母さんたちの生の声を聴き、意見を集約。
子育て政策での橋渡しを積極的に行いました。

「市政に女性を!」挑む2期目。紅一点、さらなる女性視点の政策の推進。

街頭で地域の女性たちに挨拶をするさくらば候補。(出典:https://www.facebook.com/setsuko.sakuraba.58)

街頭で地域の女性たちに挨拶をするさくらば候補。(出典:https://www.facebook.com/setsuko.sakuraba.58)

1期目では過疎化が進む地域で子どもたちの教育に熱心に取り組み、また、子育てに取り組む女性によりそった政策のため奮闘したさくらば候補。
「市政に女性を!」をスローガンとして、2期目はさらに女性視点に基づいた政策のため、立ち上がります。

参考URL

さくらば節子候補公式ホームページ

さくらば節子候補公式Facebook

上越市議会議員選挙 開票速報 2016上越市役所

スポンサーリンク

Comments

comments

 - 中部地方選挙, 候補者の横顔, 新潟県内選挙