【参院選2016-静岡-結果速報】自民・民進が圧勝 衆院選・知事選に与野党火花散らす

   

スポンサーリンク

参院選 2016 静岡県選挙区 当選落選結果・速報

氏名 年齢 党派 職業 新/現/元 得票数 当落
1 江頭 俊満 53 幸福実現党 幸福実現党員 23,021
2 平山 佐知子 45 民進党 アナウンサー 691,987 当選
3 鈴木 千佳 45 日本共産党 党県常任委員 172,382
4 岩井 茂樹 48 自由民主党 元経産政務官 747,410 当選
5 大嶽 創太郎 33 無所属 ジャーナリスト 54,412

参院選 2016 静岡県選挙区 それぞれの選挙戦展開

岩井茂樹氏・平山佐知子氏がリード保ち勝利 平山氏は無党派層にも訴求

定数2の静岡は、自民現職・岩井茂樹氏と民進新人・平山佐知子氏がそれぞれ当選。それぞれ序盤からのリードを守り切っての勝利となった。

自民現職の岩井氏は2010年に初当選。景気回復を最重点政策に掲げ、安倍政権の経済政策「アベノミクス」の継続と自公政権による政治の安定を訴えて支持を得た。

県内の県商工政治連盟や県医師連盟といった200近くの主要団体の推薦をまとめ、終盤には自民支持層・公明支持層のそれぞれ8割を固めた。

(静岡選挙区終盤情勢 岩井氏、平山氏が優位|中日新聞)

「凪」と見られていた静岡県選挙区だが、初の改選となった岩井氏は当確が出た際に、支持者を前に「男だが、少々涙が出てしまいました。申し訳ありません」と目を潤ませて、感謝の意を伝えた。

(岩井氏「男だが、少々涙が出てしまいました」|産経新聞)

民進新人の平山氏は女性活躍の推進や子育て支援の充実を訴えた。

連合静岡傘下の労働組合の支援を受けて、終盤には民進支持層の9割を固めた。(静岡 岩井・平山、組織力強く|日本経済新聞)

NHK静岡のニュース番組でキャスターを務めた経験から知名度も高く、終盤には支持政党なし層では最多の6割の支持を勝ち取り、自民支持層の一部にも食い込んだ。(同上|中日新聞)

当確後の翌日には、静岡新聞に対し「本当に多くの皆さんに支えていただいた。格差のない社会に向け、厳しい生活を強いられる人々を政策で救いたい」として選挙戦でややかすれ気味の声を張り上げた。

(<参院選・静岡選挙区>当選2氏、決意の朝|静岡新聞)

共産新人・鈴木氏敗れる 先行する2氏の差を埋められず

対して共産新人・鈴木氏は岩井・平山の2氏との差をつめることができなかった。

鈴木氏は子育て中の母親目線で政策をアピールし、安保法制廃止や消費増税反対など安倍政権への対決姿勢を鮮明にし、

序盤から共産支持層の大半をまとめ、女性や無党派層の一部に支持を獲得したが(参院選序盤の情勢 選挙区(東海・近畿)・比例区|朝日新聞)、広がりに欠けた。

参院選 2016 静岡県選挙区

参院選2016 静岡選挙区

川勝平太・静岡県知事

他候補を抑えて圧勝した自民・民進の次の目標は衆院選・知事選での勝利だ。

産経新聞によると、岩井氏が75万票近くを集めてトップ当選した自民党県連は「おおむね目標は達成できた」とこの結果を評価。

また、擁立した新人の平山氏が自民現職に得票率で3・3%の差まで肉薄した民進党県連も「勝ったも同然。来たる衆院選には確実にいい影響がある」(幹部)と、自信を深めたとしている。

(自・民 知事選、衆院選へ手応え|産経新聞)

来年6月に予定されている県知事選は自民党は独自の候補者を擁立、民進党は川勝平太現知事を支援するとみられている。今後の静岡での国政選挙・知事選の展開が注目される。

スポンサーリンク

静岡県の関連記事

参議院選挙 静岡県選挙区 開票速報 2016 当選落選結果

【参院選-中部-終盤情勢速報】山梨・長野は大接戦。愛知は民共激しく争う。石川・富山・福井・岐阜は自民安定。新潟は野党優勢。静岡は「指定席」。

参議院議員選挙2016_バナー

スポンサーリンク

Comments

comments

 - 中部地方選挙, 注目選挙, 結果速報, 選挙区・情勢予想, 静岡県内選挙 , , , ,