【参院選2016-長野-結果速報】民進「切り札」杉尾氏当選 同党復活ののろしとなるか

   

スポンサーリンク

参院選 2016 長野県選挙区 当選落選結果・速報

スポンサーリンク

杉尾氏当確 民進党反撃ののろしとなるか

https://twitter.com/1206_1218/status/752119355052158976

定数1となった長野選挙区。杉尾氏に当確のサインがともった。

杉尾氏はアベノミクスの実感は長野に届いていないとして批判。

改憲についても「その中身を言わない」として安倍政権の政策を阻止する姿勢を示した。

TBSの元キャスターで、同局のニュースの顔として知られていた杉尾氏。

高い知名度で、新人ながら終盤まで無党派層の支持は現職の若林氏と拮抗。

地盤を受け継いだ大票田・長野市で辛くも勝利を勝ち取った。

若林氏、惜しくも落選…自民党の組織力も及ばず

対する政権与党・自民党の若林氏は、惜しくも涙を呑む結果となった。

若林氏は第一声で、アベノミクスの3年半の実績を強調。「大企業や首都圏中心ではないのか、との批判があることは知っている」として、

だからこそローカルアベノミクス、地方創生などさまざまな政策を繰り出して次のステージに進んでいくべきだと話した。

(参院選スタート 「長野選挙区」の各候補が第一声【動画付き】|THE PAGE)

父・若林正俊の引退を受けて、2010年に自民党から出馬し、初当選した若林氏。

「保守王国」長野で、当選は盤石かと思われたが、改選定数削減と、民進党が送り出してきた「刺客」杉尾氏の存在がそれに待ったをかけた。

自民党が「最重要区」と定めた長野選挙区は、杉尾氏との接戦が報じられ、安倍首相をはじめとした閣僚級の弁士が来県。

まさに投票箱の蓋が閉まるまで予想できない展開が続いた。

参院選 2016 長野県選挙区

参院選の長野県選挙区は、「一票の格差」是正のために定数2から1に削減となり、

これまで議席を分け合ってきた自・民の候補者が1つの議席を争う熾烈な戦いが行われた。

民進党が切り札としていた杉尾候補の当選は、同党反撃ののろしとなるか。今後の展開が注目される。

関連記事

【参院選-中部-終盤情勢速報】山梨・長野は大接戦。愛知は民共激しく争う。石川・富山・福井・岐阜は自民安定。新潟は野党優勢。静岡は「指定席」。

【参院選-長野-情勢速報】自民・民進接戦 無党派層の支持は「TBSの顔」杉尾候補がやや優位か

参議院議員選挙2016_バナー

スポンサーリンク

 - 中部地方選挙, 注目選挙, 結果速報, 選挙区・情勢予想, 長野県内選挙 , , ,