【参院選-静岡-情勢速報】自民・民進が優勢 知事選を占う前哨戦として与野党注力

      2016/07/07

スポンサーリンク

参院選-静岡-情勢速報

現在の静岡の情勢:「岩井・平山が優勢」(朝日・日経)

参院選2016 静岡選挙区 岩井茂樹候補 平山佐知子候補

先行する(左)岩井候補 (右)平山候補(出典:https://www.facebook.com/iwai.official、https://twitter.com/hirayamasachiko)

定数2を争う静岡選挙区は、自民現職・岩井と民進新人・平山が優勢。2001年に引き続き、自民・民進が議席を分け合う展開となるもよう。

1人区で民進党と野党共闘で選挙協力を行う共産は、静岡では鈴木を擁立し議席に食い込もうと試みるが、

「広がりに欠ける」(朝日)、「支持は伸び悩んでいる」(日経)と厳しい戦いを強いられているようだ。

朝日新聞

岩井と平山が支持基盤を固めて優位に立っている。鈴木、江頭、大嶽は厳しい戦いだ。01年以降、自民と民主で議席を分け合ってきた。

岩井は自民支持層の9割近くを固め、公明支持層もほぼまとめた。無党派層の支持はあまり広がっていない。年代別では、若い世代の支持が厚い。

平山は民進支持層の大部分を固め、無党派層の5割強に浸透した。若い世代への浸透が弱いが、60代以上の支持は岩井と互角に近い。

鈴木は共産支持層の大半をまとめ、女性や無党派層の一部に支持を得ているが、広がりに欠けている。

(参院選序盤の情勢 選挙区(東海・近畿)・比例区|朝日新聞)

日本経済新聞

再選を目指す岩井が自民支持層の6割、公明支持層の5割をまとめて安定した戦い。

農協や医師会など各種業界団体の推薦も取り付けたほか、年齢別でも幅広い層から支持を得ている。

2議席目は新人の平山が一歩リード。キャスターとしての知名度を生かし、民進支持層の8割を固めたほか、無党派層にも浸透。

女性活躍の推進や子育て支援の充実を訴える。

鈴木は安全保障関連法廃止などを訴えて、政権批判票の取り込みを目指すが、支持は伸び悩んでいる。

(静岡 岩井・平山が優勢|日本経済新聞)

現在の情勢分析では、岩井・平山の2候補が議席を獲得することが予想されている静岡選挙区。

来年2017年の知事選の側面も 自民・民進奮起

参院選2016 静岡選挙区

川勝平太・静岡県知事

2017年に知事選を控える静岡。今回の参院選について、各紙は来年の県知事選の前哨戦としての側面を指摘している。

静岡県立大・前山教授は、この選挙が自民・民進にとって来年の知事選の前哨戦としての一面を持つと指摘する。

もっとも静岡選挙区には、来年の知事選の前哨戦としての意味がある。

支持層が川勝平太知事の支持層と重なる民進が得票を伸ばせなかった場合、

いくら川勝知事が無党派層に強いとはいえ、出馬の判断や選挙戦での戦略に一定の影響は避けられない。

自民が圧勝すれば、川勝知事もこれまで以上に自民を意識せざるを得なくなるだろう。

(18歳選挙権、政治考える絶好の機会|産経新聞)

川勝現知事は研究者の出身で、2009年に民主、社民、国民新党の推薦で同選挙への立候補を表明。自民・公明が推した坂本由紀子氏との激しい戦いを制し、当選した。

2013年選挙では政党・団体などの推薦を受けない「県民党」を掲げ、今回の参院選も「特定の候補を応援しない」と表明しているが

(特定の候補や党派 知事「応援しない」|中日新聞)

2013年の選挙を実質支援した民進党の情勢次第では、知事選の戦略も変わってくることが予想される。

スポンサーリンク

参院選・静岡

自民・渡辺候補が民進・小見山候補に一歩リードする展開。

2001年から自民・民進が議席を分け合う「指定席」が続く静岡の状態を打破するべく共産候補が奮起するが、情勢は厳しい。

自民・民進も来年の知事選の前哨戦として力を入れる。与野党の得票数を含め、注目される選挙だ。

参議院選挙 静岡県選挙区 開票速報 2016 当選落選結果

【参院選情勢速報】「共闘どころではない」群雄割拠の愛知は減税候補が目玉。静岡は自民・民進候補が一歩リードか。

参議院議員選挙2016_バナー

スポンサーリンク

Comments

comments

 - 中部地方選挙, 参議院議員選挙2016, 注目選挙, 選挙区・情勢予想, 静岡県内選挙 , , , ,