【参院選-石川-情勢速報】現職が手堅く優勢 新人・柴田候補は「飛び道具」フル活用で巻き返し図る

      2016/07/07

スポンサーリンク

参院選-石川-情勢速報

現在の石川の情勢:「岡田候補優位」(毎日) 「現職が厚い地盤で展開」(日経)

参院選2016 石川選挙区

(左)現職・岡田候補 (右)新人・柴田候補
(出典:各候補者Facebook、https://www.facebook.com/junkouozumis?pnref=story)

定数1を3名の候補者が争う石川の参院選情勢。自民現職・岡田候補と、野党統一候補の無所属新人・柴田未来候補の実質一騎打ちの展開となっている。

各紙によって表現は異なるが、おおむね岡田候補を優勢、柴田候補が追う展開と見る向きが多いようだ。

毎日新聞

毎日新聞は岡田候補の優位を伝える。

岡田候補は自民・公明支持層のともに8割を固め、無党派層にも食い込む。男女の支持に偏りはなく、10~20代を含む前年代から3候補のうち最も多い支持率を集める。

柴田候補は民心・共産・社民各支持層の7~8割に浸透しており、野党共闘に一定の成果が出ていることを伝える。この調査では2割以上の有権者が投票先を決めておらず、

情勢には流動的な部分が残るとしている。

(2016参院選:序盤情勢調査(その1) 自民・岡田氏が優位 追う野党統一・柴田氏 /石川|毎日新聞)

ただ、同じく毎日新聞によると、自民が44%と突出し、民進9%、共産4%、社民1%と野党は大きく水をあけられている。

(2016参院選:序盤情勢調査(その2) 無党派層と若者がカギ /石川|毎日新聞)

柴田候補の当選に際しては、無党派層への訴えがカギとなってきそうだ。

日本経済新聞

日本経済新聞によると、序盤戦を終え、保守地盤が強い石川では、自民・現職の岡田候補が地盤をこまめに回り手堅い選挙戦を展開。

一方、柴田候補は民進支持の6割を固め、知名度アップのために様々な工夫を凝らしているもようを伝えている。

3選を目指す自民の岡田が厚い保守地盤に支えられて安定した戦い。

県内各所の支持団体などをこまめに回って財務副大臣としての実績をアピールし、自民支持層の8割強を固めた。

女性起業家や平成生まれの若者との会合にも顔を出して意見交換するなど女性や若者への浸透も図る。

野党統一候補の柴田は民進支持層の6割を固めた。

新潟・富山の女性統一候補と3人そろって金沢市内で街宣に立つなど、知名度アップに全力を挙げる。

(石川 岡田、厚い保守地盤|日本経済新聞)

柴田候補:「攻め」の選挙で知名度アップねらう

参院選2016 石川選挙区 柴田未来候補

(左)生活・小沢代表・(中央)柴田候補・(右)共産・志位委員長

知名度が課題とされる柴田候補。「攻め」の姿勢で知名度アップをねらう。

公示日以前は、民進・岡田代表や、生活・小沢代表、共産・志位委員長など、推薦する各政党のトップ級の来県が続いた。

また、公示日以降も若者への浸透をねらい、クラブを会場にして個人演説会を行うといった「攻め」の姿勢で選挙戦展開を行っている。

岡田候補:県連幹部「奇策なし」危機感逆手に引き締め

一方の現職・岡田候補は、馳浩文部科学相ら地元選出の国会議員を中心として、組織をフル回転させた伝統的な選挙展開を行っている。

野党の党首級の相次ぐ来県が続いたが、自民内では「必然的に相手がメディアで取り上げられる機会が増える」と警戒感を示すことで、危機感を逆手にとった引き締めを図る。(攻める新人 締める現職|中日新聞)

公示日以降は個人演説会の開催や街頭活動に専念した選挙戦を展開している。

スポンサーリンク

参院選・石川

岡田候補が優勢で進めている現在の選挙展開。岡田候補は全年代に幅広く支持を広げているなか、柴田候補が巻き返しを図ることができるかが注目される。

毎日新聞の情勢分析では、23日時点で投票先を決めていないのは「2割超」。(同上|毎日新聞)

優勢の岡田候補は最後の詰めがこの層にかかっており、巻き返しを図る柴田候補はこの層にアプローチできたら、岡田候補に接戦を演じることができるかもしれない。

「伝統的」な選挙戦展開の岡田候補がこの選挙戦を制するか、それとも「飛び道具」をフル活用した柴田候補が巻き返しを図れるかが注目される。

参議院選挙 石川県選挙区 開票速報 2016 当選落選結果

【参院選情勢速報】野党共闘に紆余曲折の新潟・富山。石川・福井は自民が一歩リード。

参議院議員選挙2016_バナー

スポンサーリンク

Comments

comments

 - 中部地方選挙, 参議院議員選挙2016, 注目選挙, 石川県内選挙, 選挙区・情勢予想 , , ,