【参院選-新潟-情勢速報】各陣営火花を散らす 「5割」無党派層への支持獲得がカギか

      2016/07/07

スポンサーリンク

参院選-新潟-情勢速報

現在の新潟の情勢:新潟日報は「拮抗」 朝日新聞は「野党優勢」

参院選2016 新潟選挙区

(左)無所属元職・森裕子候補、(右)自民現職・中原八一候補(出典:候補者Facebook)

地元紙・新潟日報は時事新報の電話調査に加え、取材結果を加味した序盤の情勢を報じ、新潟での激戦の様子を伝えている。

返り咲きを狙う森氏は60代以上の支持を集めている。旧新潟市の1区エリアや、地元の4区エリアで強みを発揮。

推薦を受ける民進党、共産党支持層のそれぞれ8割を固めた。支持政党がない無党派層にも一定の広がりが見られ、自民党、公明党支持層の一部にも食い込む。

再選を期す自民党の中原氏は、同世代の50代の支持を受ける。

県北の3区エリアで支持を伸ばすが、地元の1区エリアで先行を許す。

自民党支持層の7割近くを固めたが、今回初めて推薦を受ける公明党には浸透し切れていない。一方、民進党支持層の一部が流れてきている。

(序盤情勢 森氏と中原氏が激戦 新潟選挙区 態度未定5割|新潟日報)

一方、朝日新聞は新潟では野党統一候補・森候補が優勢と報じている。(野党、共闘で前回参院選よりは善戦 朝日新聞・情勢調査|朝日新聞)

知名度の点で、元職ながら2度当選している点が評価されているようだ。

スポンサーリンク

中原候補、公明党への浸透が課題か

自民現職・中原陣営が期待を寄せるのが、連立与党を組む公明党だ。公明党は22・25年の参院選の比例代表でいずれも9万4千票台を県内で獲得し、抜群の安定感をみせている。

自民党県連幹部は、中原陣営について「びっくりするほど大きな劣勢だった」が、6月に入り「ようやく(森の)背中が見えてきた」として、公明のさらなる支援に期待している。

(1議席決戦(上)自民・中原陣営、票上積みへ公明との連携が鍵 新潟|産経新聞)

態度未定5割 無党派層への訴えがカギとなるか

新潟日報の上の報道によると、新潟選挙区においては24日の時点で態度未定が5割を占めている。

この層の動向によっては、勝敗の行方も大きく変わる可能性もある。

現在、野党共闘の森候補は民進・共産支持層でそれぞれ8割の支持を得ており、一方自民現職の中原候補は2300を超す企業や友好団体から推薦を受けている。

しかしながら支持がまだ決まっていない無党派層への訴えかけで戦況が大きく動く可能性も予想される。

知名度有利の森候補が先んずるか、あるいは団体回りが中心だった中原候補が起死回生の手段を手段を講ずるか、両候補の動向が注視される。

幸福からは横井候補が出馬する。

参議院選挙 新潟県選挙区 開票速報 2016 当選落選結果

【参院選情勢速報】野党共闘に紆余曲折の新潟・富山。石川・福井は自民が一歩リード。

参議院議員選挙2016_バナー

[amazonjs asin="4861326346" locale="JP" title="新装版 入門田中角栄―語録・評伝―"]
スポンサーリンク

 - 中部地方選挙, 参議院議員選挙2016, 新潟県内選挙, 注目選挙, 選挙区・情勢予想 , , ,