【白山市議選-情勢分析】自民一強の「無理ゲー」に民進・共産は及び腰?

      2017/02/26

スポンサーリンク
石川県の国会議員は衆参すべて自民党が議席を独占している。(出典:自民党HP)

石川県の国会議員は衆参すべて自民党が議席を独占している。(出典:自民党HP)

任期満了に伴う白山市議選が19日告示され、現職16人、元職2人、新人9人の計27人の候補者が立候補を届け出た。動向と情勢を分析した。

★白山市議会議員選挙:26日(日)20時~投開票速報を随時更新★

【開票速報・結果】白山市議会議員選挙(市議選) 2017

スポンサーリンク

手取川と白山に抱かれた工業都市

白山市(はくさんし)は、石川県の南部に位置する市。県内の自治体で最大の面積を有し、人口でも金沢市に次いで2番目。

北部の旧松任市周辺は金沢市の南郊に位置することもあり、ベッドタウンとして人口が急増している。

一方、住宅都市化が進むとともに、工業都市としても急成長している。

市内全域が手取川の豊富な伏流水流域に面し、大規模な工場建設が可能であることから、製造業が盛んなまちだ。

繊維や食品、ディスプレイやカメラレンズなどの精密機械などの工場が多くなっている。

12月から稼働が始まったジャパンディスプレイの白山工場

白山市議選の見どころは?

秋の衆院選・石川2区の担い手を決める選挙

2014年衆院選・石川2区得票数(白山市)

佐々木 はじめ 自由民主党 29,666
西村 ひろし 日本共産党 9,277
浜崎 茂 無所属 1,608

「保守王国」石川県における自民党の影響力は強大だ。衆院全3区と参院の2議席のすべてを自民党選出の国会議員が独占している。

なかでも、白山市が属する石川2区は森喜朗元首相を長年選出してきた地区だ。

2009年の民主党政権時代には、森氏が民主党新人に4,500票差に詰め寄られるなど一時は「影響力あやうし」と噂されていた時もあったが、

2014年衆院選では自民・佐々木氏が共産・西村氏に約トリプルスコア差で完勝している。

革新系の動向といえば…

今回の白山市議選の革新系候補者の動向は寂しいものがある。共産・民進はいずれも現職1名ずつの擁立にとどまる。

2016年の石川県の参院選を振り返ると、2016年夏当時の各政党支持層は、自民44%に比べて、民進9%、共産4%、社民1%と報じるメディアもあるほどだ。

2016参院選・石川県選挙区の野党共闘候補者は、民進・共産・社民のそれぞれの支持層の7~8割に浸透したが、約13万票もの大差で敗北した。

野党の支持者内に高い支持を誇っても、石川で野党が持っているパイがそもそも小さい。

ゆえに支持者数以上に果敢に候補者を擁立しにくいという「ジレンマ」を抱えていて、組織として発展の見えない状況に陥っている。

白山市議選での民進・共産は、今回は前回選挙と変わらない現職1名ずつでの出馬となる。

ある意味「無理ゲー」を選ばず、「身の丈に合った」手堅い戦いを選んだ2党派の今回の選挙戦。これからの動向に注目される。

関連記事

★白山市議会議員選挙:26日(日)20時~投開票速報を随時更新★

【開票速報・結果】白山市議会議員選挙(市議選) 2017

より多くの皆さんにご覧いただき、より厳しくコンテンツを磨いていくために、ぜひクリックをお願いします。
ブログランキング用バナー
スポンサーリンク

 - 中部地方選挙, 政治ニュース, 石川県内選挙, 選挙区・情勢予想 , ,